2018.07.24

結婚の準備は大丈夫?結婚後に「こんなはずじゃなかった」とならないためのチェックリスト

結婚の準備は大丈夫?結婚後に「こんなはずじゃなかった」とならないためのチェックリスト

結婚前の恋人期間、それはまさに蜜のように甘い時間。「結婚式の準備って大変!」と言いながら式場に足繁く通い、ドレスや引き出物を選ぶのも嬉しくて胸が弾む甘い時期。結婚する二人にとって人生で一番輝く時間とも言えるかもしれません。とはいえ、この甘い時間が永遠に続くカップルがはたしてどれほどいるでしょうか?結婚してから「こんなはずじゃなかった......」と後悔しないためには、結婚前のお互いの価値観のすり合わせが大切。なるべく衝突せず、朗らかに暮らしていくためにはどうすればいいか、ぜひチェックしてみてください。

  • ライフ

結婚前は2割増しで相手を見ている!「こんなはずじゃなかった」とならないために

結婚前は2割増しで相手を見ている!「こんなはずじゃなかった」とならないために

まず「結婚前は2割増しで相手を見ている!」と胸に刻みましょう。長い結婚生活です。いつも元気でイライラせず、気持ちに余裕があるというわけではありません。常に相手に優しくなどしていられないのが実状です。職場で落ち込む時もある。人間関係に悩む時もある。気分がすぐれない時もある。そんな時に素の自分が出てしまい「ジコチュー」「わがまま」という印象をパートナーに与えてしまうかもしれません。

それは相手も同様です。結婚前は気を遣ったり、かっこつけた自分を演出したりしてしまいがちですが、結婚するとその演出は続きません。日々の夫婦喧嘩が始まるのは結婚してから数ヶ月後。喧嘩をして、「こんな人だと思っていなかった……」「こんなはずじゃなかった……」と不平を言うより、「結婚前の相手は実際よりも2割増しで素敵に見えている」と考えておいたほうがラクチンです。

結婚前に確認!二人の生活価値観すり合わせチェックリスト

結婚前に確認!二人の生活価値観すり合わせチェックリスト

これから一緒に生活していくための、結婚前のチェックリストをご紹介します。5つのカテゴリー別にチェックしてみてください。

清潔感カテゴリー

  • 相手が寝る前にお風呂に入らない時、歯磨きしない時があると嫌だなと思う
  • 相手の体臭、足臭がつい気になってしまう
  • (別々に暮らしている場合)相手の家のトイレを使うのが嫌だ

家事カテゴリー

  • 相手は食事の後片付けをあなたにまかせる
  • 相手は脱いだ服を適当なところに投げておき、片付けるのはあなた
  • 相手はゴミの分別を意識していないけれど、あなたはいつも意識している

喧嘩カテゴリー

  • 喧嘩すると最低3日は会話もメールもしない
  • 喧嘩した時、相手が先に柔軟な姿勢になることは決してない
  • 喧嘩の原因は8割の確率で相手にある

実家大事カテゴリー

  • 会話の中に「実家に聞いてみる」「母親に聞いてみる」というワードが多く出てくる
  • 相手との会話でお互いの親の老後についてのテーマは出たことがない
  • 相手は実家のイベント、集まりには必ず出席したがる

お金カテゴリー

  • 相手は預金通帳を見せてくれない
  • 相手はほぼ毎日、街のカフェに入る
  • 相手に「お金を貸して」と言われたことがある

いかがでしょうか。ひとつのカテゴリーに2個以上yesのチェックが付くようであれば、結婚前に話し合いのステージに乗せたほうがいいでしょう。

お互いの価値観を理解するチャンス!結婚前の話し合いの注意点は?

お互いの価値観を理解するチャンス!結婚前の話し合いの注意点は?

清潔感カテゴリー

最初は目をつぶっていても、年齢を重ねるにつれ気になってくるのがお互いの清潔感レベル。「夫の口臭が気になって一緒に食事をするのが嫌」「妻が洗濯嫌いでバスタオルを毎回洗ってくれないから怒鳴った」など、生理的・衛生的嫌悪感による喧嘩事例もよく聞きます。清潔感の尺度は抽象的ですが、愛があれば許せるというものではありません。「お風呂は酔って帰ってきた日でも必ず夜のうちに入ってほしい」や「歯磨きは1日○回」など、これだけは譲れないということをお互い3つずつ挙げてみてください。「お風呂は朝でもいいとしても、足だけは洗ってから寝てほしい」といったように、具体的にイメージしてカスタマイズしてもいいかもしれません。

家事カテゴリー

お互いの部屋で過ごす時に相手の動く様子を観察してください。ラブラブの頃は気にならなかったことが、結婚後には喧嘩の原因にすり替わります。生活の基本行動ができてないと感じたら、「ここまでは自分でやってね!」と結婚前に約束しておくこと。家事に取り組む意識は早いうちから話し合っておきましょう。

喧嘩カテゴリー

長い人生、喧嘩はあって当然なものです。重要なのは、ぶつかった時どうやって修復するか。喧嘩をした時、何日も口をきいてくれないとか、プイッと家を出てしまうなど喧嘩の原因から逃げてしまう相手だとムカムカする気分が長引いてしまいます。物に当たるタイプだと、一緒にいるだけで恐怖心が芽生えます。喧嘩の時の相手の態度を観察し、自省し、「喧嘩しても翌日の朝食は一緒に食べよう」など喧嘩になった時の改善方法をルール化しておくと結婚後安心です。

実家大事カテゴリー

結婚後によくあるトラブルには、姑・舅問題、里帰り問題、遺産問題、親の介護問題、お墓問題など実家に関することも多いもの。こういったことは、二人が若いうちはピンとこなくて、少し気になったとしてもスルーしてしまいがちです。しかし、家の方針や冠婚葬祭の関わり方、親戚づきあいは二人の意見がくい違うと後々大きな問題に発展することも。結婚前に先々のことまで想像して話し合いましょう。

お金カテゴリー

お金問題は特に、夫婦間トラブルの大きな原因になります。二人とも働いて生活資金を得ているのに、家事や子育てなど家での仕事は妻側が多いという話はよく耳にします。そのうえ夫が金銭にルーズだと発覚した時の妻の失望感は計り知れません。もちろん逆もあります。「俺が1,000円カットで我慢しているのに、なんで妻は12,000円の美容院で髪を切るんだ」というような夫のつぶやきは、いつの日か言い争いにつながります。欲しいものがあった時にどこで我慢するか、どこで使うかの価値観は、チェックリストのほか、日々のお金の使い方を見ていなければ分かりません。

またランチ代は節約しているのにパソコン機器には散財するなど、自分の好きなことには金に糸目をつけない使い方も見過ごすわけにはいきません。預金通帳を見せてくれなかったり、あなたに「お金を貸して」と言ってきたりするのは、何かあなたには教えられないお金の用途があるからかも。

お互いに納得していれば、預金やお金の使い方をすべてオープンにする必要はありませんが、いざというときのためのお金は、2人で金額を決めて貯めておくのがベターです。半年で30万円など、短期間で少額の目標を設定しましょう。名義は夫婦どちらかでも、お互いにいつでも見られるような「夫婦通帳」を作るのもいいですね。

結婚後の「ありのままの私が好きって言ったじゃない!」は通じない

結婚後の「ありのままの私が好きって言ったじゃない!」は通じない

結婚後の「こんなはずじゃなかった……」という発言。結婚前であれば、相手と「ここ違うよね」「これは譲れない」という会話をすることで、ある程度防ぐことができます。全て理想通りの完璧なパートナーなどいないのですから。結婚を目前にしている時が、価値観のすり合わせをするのにベストなタイミングです。

今はまだ許せていることだとしても、結婚してからでは話しにくくなります。「じゃあ、なんで俺と結婚したんだよ!」「こんなありのままの私を好きって言ったじゃない!」そんな言葉を投げ合わないよう、結婚前に、ご紹介した5つのカテゴリー別に、踏み込んだ話し合いをしてみてください。

コミュニケーション・スキルアップ講座へのリンク

ファイナンシャルプランナー(FP)講座へのリンク

執筆者プロフィール
三松真由美(みまつまゆみ)さん
会員1万3千名を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」を運営し、夫婦仲の改善、セックスレス対処法ED予防法を真剣に考える夫婦仲コメンテーター。All About「夫婦関係」ガイドも務める。 的確なアドバイスにファンが多く、マスコミ取材や著書の執筆、講演多数。

あなたと恋人は大丈夫?別れの原因にもなる「金銭感覚の違い」チェックリスト

付き合いたての頃は相手に夢中で気づかなくても、金銭感覚の違いはカップルの別れ、ひいては夫婦の別れの原因になることがあります。今回は、手取り20万円台からマイホームを購入したという実績をお持ちの、すご腕……

こちらの記事もチェック
関連特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
facebook
twitter
line

思いが上手に伝わり、人間関係も◎

コミュニケーション・スキルアップ講座

コミュニケーション・スキルアップ講座
豊富なコミュニケーションスキルが身に付く!「聞く」、「伝える」の総合力を手に入れてよりよい人間関係を築けます。
資料請求する
詳細を見る
別窓で開く

お客様の資産設計を行う専門家

ファイナンシャルプランナー(FP)講座

ファイナンシャルプランナー(FP)講座
預金や保険、ローンなどのアドバイスを行う「お金」の専門家。専門的な“お金”の知識は仕事にも暮らしにも役立つ!
資料請求する
詳細を見る
別窓で開く

最近チェックした記事

    あなたにオススメの記事