2019.07.09

就職・転職で後悔しないために!企業選びでチェックするべきポイントとは?

就職・転職で後悔しないために!企業選びでチェックするべきポイントとは?

就職・転職活動をしていると、「本当にこの会社でいい?」「後悔しない?」と不安を感じるものですよね。そこで今回は、会社員として働く方々を対象に、「入社の決め手」や「入社後に感じたギャップ」、また「入社を決める前に、やっておけばよかったこと」をアンケート調査。キャリアコンサルタントの青木典子さんが、調査結果とともに、「後悔しない企業選びのポイント」をご紹介します。

  • シゴト
松岡茉優特集

会社員に聞いてみた!「入社の決め手は?」「入社後、どこにギャップを感じた?」

就職・転職活動の際は、じっくり検討し、複合的な理由で入社を決めるものですが、特に決め手になりやすいのはどんなポイントなのでしょうか。働き盛りの20~40代の会社員550名に、「入社の一番の決め手」を聞いてみました。

就職・転職で後悔しないために!企業選びでチェックするべきポイントとは?

また、「いざ入社してみて感じた、悪い意味でのギャップ」についても聞いてみました。

就職・転職で後悔しないために!企業選びでチェックするべきポイントとは?

企業選びの一番の決め手として、もっとも多かったのが「仕事内容」(28.0%)、次に多かったのが「給与面での待遇」(18.9%)でした。ところが、「仕事内容」では2割近く、「給与面での待遇」では3割近くの方が、「入社後、悪い意味でギャップを感じた」と回答するという結果に。また「会社の風土」についても、入社後にギャップを感じている方が多く見られます。

企業選びで後悔しないために……「入社を決める前に、やっておけばよかったこと」とは?

続いて、「入社を決める前に、やっておけばよかった」と思っていることについても聞いてみました。

就職・転職で後悔しないために!企業選びでチェックするべきポイントとは?

会社員の方々は、ここで挙がっている項目について、なぜ「入社を決める前に、やっておけばよかった」と後悔しているのでしょうか。特に多かった「給与の確認」「残業時間や時間外労働の確認」「社員の話を聞く」という3つの項目について、キャリアコンサルタントの視点から、チェックするべきポイントとともに具体的に解説します。

給与の確認

例えば転職の場合では、給与が上がると思って転職を決めたものの、ふたを開けてみると「可処分所得」(手取り収入)が下がってしまった、というケースがよくあります。見落としがちなのは「手当」です。前の会社にはあった各種手当(残業手当・住宅手当など)や福利厚生がなかったり、あっても額が低かったりすると、基本給は前の会社より高くなっても、可処分所得は減ってしまうことになります。「みなし残業代」が含まれているので、基本給が高く設定されていることもあるわけですね。
もう一つのポイントが「昇給」です。「成果を上げても給与額に反映されない」「昇給のペースが遅い」といったことに、不満の声が上がるケースもあります。前述のアンケート結果では、4番目に多い項目として「評価基準の確認」も入っていますが、どんな働きが評価され、評価がどのように給与に反映されるのかも、入社前に確認しておきたいものです。

残業時間や時間外労働の確認

「残業や休日出勤の有無を聞くと、意欲を疑われるのでは……」という不安から、質問できないまま入社し、想定外の残業の多さに疲弊してしまう方も少なくありません。また、面接時に残業時間や時間外労働の目安を確認していても、実際に配属された部署が特別忙しい部署で、「聞いていた以上だった……」というケースも。
できれば、配属予定先部署の社員に話を聞ける機会を設けてもらい、「普段は何時頃まで働いているんですか」「休日出勤はどのくらいされているんですか」などと、確認してみるのもいいでしょう。

社員の話を聞く

面接で人事担当者・役員・社長などとだけ話して入社を決めた方の中には、「社員とも話しておけばよかった」と思う方も多いようです。その理由は、「実際の仕事内容」「仕事の進め方」「仕事をする中で重視されること(スピード重視、チームワーク重視など)」「職場の雰囲気」などに対して、入社前にイメージしていたものとのギャップを感じるため。
また、「役員・社長が面接で話していたビジョンに感銘を受けたが、現場社員にはそれが浸透していなかった」ということもありがちです。こうしたギャップを避けるためにも、内定の方向へ話が進んだタイミングで、「配属予定部署の方ともお話しさせていただけませんか」と相談してみるといいでしょう。先ほどの「残業時間や時間外労働の確認」や、アンケート結果で5番目に多い項目として挙がっている「具体的な業務内容」についても、この機会を利用して確認するといいでしょう。

キャリアコンサルタントが教える、企業選びのポイントとは?

キャリアコンサルタントが教える、企業選びのポイントとは?

今回のアンケートで挙がった項目以外にも、企業選びでチェックすべきポイントはたくさんあります。以下に例を挙げますので、自分が特に大切にしたいことはどれなのかを考え、企業研究をするなり面接で質問するなりして確認してみましょう。

  • 業界の将来性、成長性
  • 業界での立ち位置、同業他社と比較しての優位性
  • 経営者が掲げる理念、考え方
  • 教育・研修制度
  • 入社後のキャリアステップ
  • 裁量権を持てる範囲
  • 社内でのキャリアチェンジの可能性

自分の成長や時代の変化も見据えながら、後悔しない企業選びをしよう

自分の成長や時代の変化も見据えながら、後悔しない企業選びをしよう

転職の場合は、給与・残業・休暇・人間関係などの不満から転職活動に踏み切り、それらの不満を解消することを第一の目的に、企業選びを行う方が多く見られます。しかし、それらが満たされたとしても、やがてまた別の「不満」「不安」が生まれてくることがあるのです。それは「成長できない」という不満。例えば、「上からの指示に従うだけで、主体的な取り組みができない」「新しいことにチャレンジしない保守的な風土であるため、時代に取り残され、新たなスキルが身につかない」などの不満です。

若いうちは気付かなくても、年齢を重ねていくと、いつの間にか他社の同世代と差が開いていたり、転職しようにも「武器」と言えるスキルが身についていなかったりして、焦りや不安を感じる方は少なくありません。また、今後は今ある仕事がAI(人工知能)に取って代わられることも増えてくるでしょう。

「人生100年時代」と言われる中で、ビジネスパーソンとして長く活躍し続けるために、「どんな経験をし、どんなスキルを身につけて、どう活かしていきたいか」という視点を持ち、それが叶う企業を見極めていただきたいと思います。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座へのリンク

執筆者プロフィール
青木典子(あおきのりこ)さん
リクルートで求人広告の営業などを務めた後、フリーライター/編集者として活動。就・転職、キャリア、スキルアップ、資格などをテーマに20以上の媒体で執筆、約30冊の書籍編集に携わる。1000社以上に取材し、経営者・人事担当者・働く人々の声を聴いてきた経験をベースに、キャリアコンサルティングも行う。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。

就職・転職の第一歩は履歴書から!おさえておきたい印象が良くなるコツ

就職活動にしても、転職活動にしても、第一歩は自分自身の履歴書や職務経歴書を作成することです。あなたの第一印象を決める履歴書が、汚くて読みにくいという理由でマイナスポイントになってしまっては損。そこで今……

こちらの記事もチェック
関連特集
オススメの特集
  • 松岡茉優特集
  • 吉瀬美智子特集
  • オードリー春日俊彰特集
注目のコンテンツ
  • The Last Letter 夫からの最後のプレゼント

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line
松岡茉優特集
吉瀬美智子特集
オードリー春日特集

オードリー春日さんもチャレンジ!

ファイナンシャルプランナー(FP)講座

ファイナンシャルプランナー(FP)講座
預金や保険、ローンなどのアドバイスを行う、お金の専門家。専門的なお金の知識は、仕事にも暮らしにも役立つ!
資料請求する
詳細を見る
別窓で開く

最近チェックした記事

    あなたにオススメの記事