2015.01.19

ホームパーティーは「ポットラック」スタイルで。みんなが喜ぶ簡単レシピも♪

ホームパーティーは「ポットラック」スタイルで。みんなが喜ぶ簡単レシピも♪

女子会、飲み会と同じくらい、最近はホームパーティーを開く機会も増えてきました。でもいざパーティーを開くとなると準備が......。そんなときにオススメなのが、海外で人気のポットラックパーティー。今までのホームパーティーとは一味違った楽しみ方をしてみませんか?

  • ライフ
松岡茉優特集

海外ではあたりまえのポットラックパーティーとは?

海外ではあたりまえのポットラックパーティーとは?

ポットラックとは、「あり合わせの料理」のこと。ポットラックパーティーは、参加するメンバーそれぞれが、食べ物や必要なものを持ち寄って楽しむパーティーのことです。

ホストが食べ物や飲み物などすべてを準備するパーティーとは違って、みんなで準備するため手軽に楽しめて、海外では毎週末のようにポットラックパーティーをする人たちもいるとか。

ちょっとしたお祝いごとや、みんなで集まりたいな、というときにオススメです。

持っていくならみんなに喜ばれるものを!

持っていくならみんなに喜ばれるものを!

持ち寄りが基本のポットラックパーティー。「これはどうやって作ったの?」など、参加者が持ってきた食べ物の話で盛り上がるのも、ポットラックパーティーならではの楽しみの一つ。初対面でも、「このレシピ教えて!」から会話がはじまったりすることもあるでしょう。

でも実際にポットラックパーティーのお誘いが来たら、「なにを作ろうかしら?」と悩んでしまいますよね。そんなあなたのために、取り分けやすく、持っていきやすい2つのレシピをご紹介。

冷めても美味しさピカイチな「はんぺんとチーズの大葉ベーコン巻き」

<材料>一口サイズ8個分
・はんぺん1枚
・スライスチーズ1枚
・大葉4枚
・ベーコン4枚

はんぺんを8等分に切り分けます。切り分けたはんぺんの間に切れ目を入れます。
8等分したスライスチーズをはんぺんの切れ目の間に挟みます。
ベーコンと大葉を半分に切ります。ベーコンの上に大葉をのせて、そこにチーズを挟んだはんぺんをさらに乗せてベーコンで巻きます。
ベーコンに火が通るまでフライパンでこんがり焼けばできあがりです。

ちょっと大人な「コチュジャンおにぎり」

<材料>小さめ6個分
・ご飯1合(炊きたて)
・コチュジャン 大さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・オイスターソース 小さじ2
・万能ネギ 適量

ボウルに入れた炊きたてご飯にコチュジャン、鶏ガラスープの素、オイスターソース、みじん切りにした万能ネギを入れて混ぜて握るだけ! ラップで一口サイズに包むと手も汚れず食べられます。

ただ、必ずしも手作りのものを持っていかないといけないわけではありません。時間もないし、どうしよう? というときはフルーツやチーズの盛り合わせ、ワインなどその場が楽しくなるようなものを持っていくなど、おもてなしの心があればOK!
買って行く場合は、全体を把握しているホストになにが必要か聞くのも一つの手です。

主役はお料理だけじゃない! パーティーをみんなの手で!

主役はお料理だけじゃない! パーティーをみんなの手で!

ポットラックパーティーにはお料理だけではなく、その場の雰囲気を華やかにするお花などを持っていっても喜ばれます。種類や色、アレンジの仕方で、様々な雰囲気を作り出すお花。あなたのお花で、パーティーの雰囲気をパッと明るくし、みんなに幸せの連鎖をつなげてみませんか?

また、かわいい紙皿やカラフルな紙ナプキン、フィンガーフードを食べるときのちょっとオシャレなピックなど、みんなでパーティーのテーマを決めて持ち寄って、デコレーションなどしても楽しいですね。

ちょっと工夫を凝らした一品で一歩リード

ちょっと工夫を凝らした一品で一歩リード

せっかくポットラックパーティーをするのなら、自分ならではのこだわりをさりげなくアピールできるものが◎。もし「あまり自信がないな〜」という人は、この機会に食やお花、色彩を学んで自分らしいセンスを発揮してみませんか? 美味しいのに健康にいいものや、自分でアレンジしたお花、自分らしさを演出する色など、ちょっと自分の知識を自慢できるようなものを持っていけたら人気者になれるかも!?

ホームパーティーをおしゃれに!食器の選び方を工夫して脱マンネリ化しよう

ついついマンネリ化しがちなホームパーティー。でも、食器の選び方で見違えるようにおしゃれにできるかも!?今回は、おいしそうなごはんとセンスある食器の使い方が評判の人気ブロガー・Jamさんに、ホームパーテ……

こちらの記事もチェック
関連特集
オススメの特集
  • 松岡茉優特集
  • 吉瀬美智子特集
  • オードリー春日俊彰特集
注目のコンテンツ
  • The Last Letter 夫からの最後のプレゼント

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line