2015.01.14

オフィスでもこっそりリフレッシュ。座りながらできる1分ストレッチ

オフィスでもこっそりリフレッシュ。座りながらできる1分ストレッチ

1日の仕事を終えた後、身体はコチコチじゃありませんか?そんなときはストレッチでリフレッシュするのがオススメ。そこで今回は、座ったまま1分間でできる簡単エクササイズをご紹介します。頭も体もすっきりさせて、充実した自分のための時間を過ごしましょう!

  • お役立ち
松岡茉優特集

デスクワークの敵、肩こり……2つの方法であっという間に解消

集中して仕事をしていると、気がつけば肩がガチガチ。そんなとき、デスクワークの合間にできる、簡単で効果的な「肩こり解消法」をご紹介します。

老廃物を流すマッサージ

  • 右手の人差指か中指を左腕のつけ根の下部分に当て、押してみて「気持ちいい」と感じるつぼを探しましょう。
  • 押してみて「気持ちいい」と感じる部分をグッと20秒ほど強く押し続けます。

肩に溜まった老廃物が流れ、こりが緩和されていきます。右側の方も同じように行いましょう。

ペン引っ張りストレッチ

  • まずはペンを1本片手にもって背中に回します。
  • 背中の前で回した片方の手でペンの上端、逆の手で下端を持ちます。
  • その状態でペンを軽く上に引いたり、下に引いたりを2、3回繰り返します。

パソコン作業などで固まりがちな肩甲骨のストレッチになり、肩が軽くなります。持ち手を替えて、反対側も同じように行いましょう。体が固い人は、ペンより長い物差しなどを使い、無理せずできる範囲でトライしてみてください。

パソコン作業による眼精疲労……首周りの血行をうながすと楽になる

パソコン作業を長時間行うオフィスワークの人は、肩こりと同じように眼精疲労にも悩まされていることが多いのでは。眼精疲労には血の流れが大きく関係していて、血行をよくすることで目の疲れを緩和することができます。目の疲れがひどい日は、家に着いてから、蒸しタオルなどで目の周辺を温めることをおすすめします。最近では目の周りを温めるグッズなどもたくさんありますので、うまく使ってリフレッシュしましょう。

また直接目の周りを温める方法に加え、首周りの血行を促進することも効果的です。

血液促進マッサージ

  • 4本の指で頭を支えながら親指の腹を首の後ろの髪の生え際のあたりのくぼみに当てます。
  • 親指で押して、気持ちよく感じるポイントを、らせんを描くようにグリグリと押し回します。
  • 目の上、下、目頭、目尻と、くぼみに沿って心地よい程度に押さえます。

血行がうながされ、首でうっ血している血液の流れを促進し、眼精疲労の軽減につながります。まゆ毛の上や目頭、こめかみを押さえることも効果的です。

女性を悩ませる足のむくみ……デスク下でできるエクササイズを紹介

座りっぱなしの仕事では、血液が足元に溜まってしまいがち。足のむくみに悩まされている女性は多いのではないでしょうか。冬などオフィスで脱いだブーツを帰りに履こうとして、入らない!なんて経験もあるかもしれません。そんなむくみに効く!座りながらデスクの下でできるストレッチを紹介します。

つま先前後ストレッチ

  • 膝を少し伸ばした状態でつま先を手前側に引いたり、外に向かって押し出したりと、足首を動かす動作を交互に行ってください。
  • 2~3秒ごとに前後につま先を動かすことを繰り返せば、足先に滞りがちな血流を改善させることができます。これを10回程度行います。
  • その後に足指をグー・パーと交互に10回程度動かし、最後に足首を右回りと左回り3回ずつ行うとさらに効果が出ます。

これらの運動を1時間に1回程度行うことによって、血流が促進され足のむくみを軽減することができます。なかなか1時間に1回はできなくても、気がついたときにやってみるだけでも効果がありますので、ぜひ試してみてくださいね。

わざわざマッサージにいかなくても、ほんの数分のストレッチで身体をリフレッシュさせることができます。身体をリフレッシュしたら、頭もスッキリ。こんなにいい事づくめのストレッチを習慣化すれば、さらに仕事も勉強も効率アップすること間違いなし!もう一踏ん張り頑張りましょう!

はじめてのヨガ&ピラティス講座へのリンク

リラックス効果も♪今が美味しい緑茶の効能を知ろう!

緑茶って、普段何気なく飲んでいるけど、実はすごく健康にいいって知っていますか?特に新茶のシーズンは、味も成分も一年の中で最も輝く時期です。今回は、緑茶の持つパワーと活用法をご紹介します。

こちらの記事もチェック
関連特集
オススメの特集
  • 松岡茉優特集
  • 吉瀬美智子特集
  • オードリー春日俊彰特集
注目のコンテンツ
  • The Last Letter 夫からの最後のプレゼント
facebook
twitter
line