学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2017.09.07

サプリメント会社からヨガ教室まで働き方たくさん!管理栄養士の仕事の魅力

国家資格である「管理栄養士」は、高い難易度でありながら志願者が多い人気の職業。昨今、健康ブームの影響もあり、食の専門知識を身につけたいと願う女性たちの間で関心が寄せられているようです。そこで今回は、幅広い分野で活躍されている管理栄養士の先輩女性にお話を聞きました。

  • シゴト
  • 特集

管理栄養士が活躍できるフィールドは本当にたくさん!

今回お話を聞いたのは、ご自身が管理栄養士として働いているだけでなく、同じ資格を持つ多くの女性たちのサポートを行っている岡田明子さん。「管理栄養士が活躍できるフィールドは本当にたくさん!」と話す岡田さんがどのような業務に携わっているのか、また将来的にどんな可能性があるのかを尋ねました。

そもそも岡田さんが管理栄養士を目指したきっかけは何だったのでしょうか?

「もともと幼い頃から食べることが大好きで食への関心は自然とあったんですが、直接的なきっかけは、大学進学時に母親から管理栄養士について教えてもらったことでした。『これからは女性も資格を活かして働く時代、食は一生関わるものだから、知識があったほうがいいんじゃない?』って。私の家庭は母親がものすごく食に気を遣う人で、幼少期に私がアトピー性皮膚炎にかかってしまったこともあり、ジャンクフードなどの添加物が多い食品を一切食べさせないようにしてくれていました。また、父親も家庭菜園をやっていたので、使う食材はオーガニック。その甲斐あってか、アトピーも完治したんです。そういった食について恵まれた環境の影響もあったかもしれません」(岡田さん)

管理栄養士の勉強ができる大学に進学し、卒業時に受けた試験で見事一発合格。ここから管理栄養士としての輝かしいキャリアを積んでいく……はずだったのですが、当時の岡田さんにはご自身に大きな問題があったのだと言います。

「大学時代に一人暮らしを始めたことで食生活が乱れ、かなり太ってしまったんです。その上、社会人になったらさらに追い討ちが。最初の職場は特別養護老人ホームだったんですが、社会人になりたてで慣れていなかったこともあり、自分の食生活がさらに乱れてしまいました。自炊をする時間がなくて毎日外食やコンビニ食で済ませていたら、偏頭痛が止まらなくなってしまって……」(岡田さん)

慌てた岡田さんは、お母さんに相談します。するとやはり答えは「食の重要性」だったそうです。

「すぐに『ちゃんと食べてないんじゃない?』って指摘されて。今思えば、食生活のバランスが崩れたことで自律神経もおかしくなっていたんだと思います。いくら知識があっても実践しないと意味がないんだなって、この時思いましたね」(岡田さん)

身をもって「食の重要性」を実感した岡田さんは、その後食生活を立て直し、なんと13kgものダイエットに成功。ご自身の経験から、管理栄養士としての活躍のフィールドを広げていきました。

せっかくの国家資格を眠らせないために

やがて岡田さんはサプリメント会社に転職。管理栄養士の知識とご自身の経験を活かし、ダイエットサポートの業務に携わるようになりました。いろんな方の食生活を監修する毎日で、「もっと食べることに関心を持ってほしい」という思いがさらに募っていきました。

「私達の身体は食べたものでできています。毎日なにげなく食べている人も多いと思いますが、1日3回しかないチャンスに、身体に悪いもの、栄養にならないものを摂っているのはもったいない。食習慣って文字通り『習慣』なので、必ず傾向があります。それを一度見直してみてほしいって、監修しながらすごくそう思っていましたね」(岡田さん)

その後岡田さんは独立し、ダイエットサポートの他にも、ヨガ教室での食事サポートや各種セミナー、ウェブサイト『All About』の「食事ダイエットガイド」をはじめ、メディアへの出演やコラム執筆など幅広く活躍。中でも代表理事を務める法人では、管理栄養士の資格を持っていながら様々な理由で離職してしまった女性に対し、職業支援なども行っています。

「管理栄養士の人材育成と企業とのさらなるマッチングを目指しています。せっかくの国家資格を眠らせておくのはもったいないと思うんです。オンラインでの食事サポートやコラムの執筆など、以前に比べて在宅でできる仕事も増えているので、もっと管理栄養士として働ける環境を整えられたらいいなと思っています」(岡田さん)

管理栄養士は、一生使える素晴らしい資格

管理栄養士が活躍できるフィールドについて、もう少し詳しく教えていただきました。

「管理栄養士って人の一生に関わることができる、それこそ赤ちゃんから高齢者、離乳食から介護食まで携われる幅広いお仕事なんです。だから、『なんて素晴らしい資格だろう』と私自身も日々思っています。最近では、IT企業さんから『管理栄養士さんに毎日お昼ごはんを作りにきてほしい』という依頼もありますし、ビジネスホテルの献立作成や、私のようにヨガとコラボするセミナーが催されていたりと、これまでにはなかったケースで管理栄養士が関われる時代になっています。それに、もしもお仕事を辞めてしまっても一生使えるんですよ。自分自身や家族の健康をずっと守っていくことができますからね。簡単に取得できる資格ではありませんが、ぜひ多くの方に目指してほしいと思っています」(岡田さん)

「もっと気軽に管理栄養士に栄養相談ができる、健康ステーションみたいな場所が増えればいい」ともおっしゃっていた岡田さん。そんな、みんなが幸せになれる明るい未来の構図が、頭の中で出来上がっているようです。

管理栄養士講座へのリンク

取材・文/河辺さや香
取材協力
岡田明子(おかだあきこ)さん
管理栄養士、一般社団法人NS Labo代表理事。同志社女子大学 管理栄養士専攻卒業後、特別養護老人ホームでの勤務を経て、ダイエットサプリメント会社に転職。1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある。
2009年に独立し管理栄養士の経歴と自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイにやせる」ダイエットメソッドを確立。テレビや雑誌、各種イベントでのレシピ監修や商品開発、企業セミナー講師や執筆活動を精力的に務める他、個人への食事サポートも行い個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。著書に『朝だから効く!ダイエットジュース』(池田書店)ほか。

フード×イラスト=ハッピー!「好き」を仕事につなげる秘訣

好きなことを仕事につなげたいと願う人は多いですが、具体的にどうしたらいいのかわからないという声も。今回は「好き」×「知識」の相乗効果で活躍の幅を広げているハッピーな実例を紹介します。それもジャンルの違……

こちらの記事もチェック
オススメの特集 オススメの特集
  • いろんな働き方特集特集
  • 特集特集
  • 資格×仕事特集特集
facebook
twitter
line