学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.02.16

フード×イラスト=ハッピー! 「好き」を仕事につなげる秘訣

好きなことを仕事につなげたいと願う人は多いですが、具体的にどうしたらいいのかわからないという声も。今回は「好き」×「知識」の相乗効果で活躍の幅を広げているハッピーな実例を紹介します。それもジャンルの違う2つの「好き」を両立させ、見事にオリジナリティとして発揮しているという、なんとも理想的なケースです。そこに至るまでのストーリーを追いました。

  • ライフ
  • 特集

料理とイラスト、どちらも好き。進路はどうするべき?

お話を伺ったのは、フリーランスのフードコーディネーター兼イラストレーターとして活躍するwatoさん。現在雑誌やwebでのレシピ提案、イラスト作成、ケータリングなど様々な場面で活躍しています。

喫茶店を営んでいる絵が好きなお父さんと、お料理好きな薬剤師のお母さんの影響から、食とイラストどちらとも自然と接してきたというwatoさん。実際に仕事にしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

「高校3年生の時にお米を使ったレシピのアイディアコンテスト(食糧庁主催の『ヤングライスクッキングコンテスト』)に応募し、県大会で優勝したことがきっかけ。このことで料理好きを実感しました。母が食べ物の栄養について常に食卓で教えてくれていたので、その影響もあって栄養士の道に進むことを考えたんです」

すでに家政科の短大に進学する前に、管理栄養士の資格を取得して病院で働くところまでイメージできていたと言います。当時同じくらい好きだったイラストの道を選ぼうとは思わなかったのでしょうか。その理由を尋ねると、

「もちろん美大という選択も考えました。でも、絵は描きたかったら好きに描けばいいし、年をとってからでもできると思ったんです。管理栄養士の資格を活かして仕事にするのならば専門の機関に通うべきで、まずはそっちが先だろうと。どちらかを選択するのではなく、順番にやればいいと思っていました」

無事に管理栄養士の資格を取得。そのあとに待ち構えていた転機とは

短大で栄養士の資格を取得。卒業後は病院で実務経験を2年積み管理栄養士の国家試験受験資格を得て、見事合格します(※管理栄養士受験に必要な受験資格についてはこちらで分かりやすく説明しています。その後は入院患者や外来患者の栄養指導、献立づくり、栄養計算など様々な業務に携わっていました。ところが順調にキャリアを重ねていたある日、思いもよらぬ転機が訪れます。

「管理栄養士に合格した時期に、たまたま手にとった本でフードコーディネーター(食をトータル的にとらえて、食生活に必要な趣旨やアドバイスが出来る専門家。レストラン、ファストフードなどの外食産業の開店、メニュー、ビジネス展開の計画なども行う)という職業のことを知ったんです。そこには同じ食に関わる仕事でも、全く違う世界のことが紹介されていました。華やかな料理写真を見ているうちに、もともとクリエイティブなことが好きだという気持ちを思い出し、どんどん惹かれていきました」

そこからwatoさんは、当時資格化されて間もなかったフードコーディネーターの資格も取得。管理栄養士として働きながらも、徐々にフードコーディネーターになるべく、準備を進めていました。計4年間の病院勤務を経て退職し、夜間はイラストの学校、昼間はスープ店のアルバイトで栄養学の知識を活かしメニュー開発まで任せてもらっていたそう。のちにイラスト学校のアルバイトスタッフを勤めながら、本格的にフリーランスのフードコーディネーター兼イラストレーターへ。一歩一歩、できることから仕事の幅を広げていきました。

二足の草鞋を履き始めた当初は、イラストレーターという肩書を全面に押し出していなかったそうですが、イラスト学校の恩師の一言で意識を変えることになります。

「その先生は、イラスト業界の現実を教えてくれたんです。これからはどう上手に描くかじゃなくて、何を描くかが大事な世の中になるって。私が料理をしていると言ったら、それは専門分野にすべきだとおっしゃってくれて。なんとなく自分が思っていたことに対して、いいんだよ、と背中を押してくれたような感覚でしたね」

自分で選んだことだから、辛い時もがんばれる

こうして好きなことを2つ活かしながら、オリジナリティとして発揮できる結果に。これまで出版した著書には、レシピとイラストの両方が掲載されているものも多く、見事「watoワールド」が表現されています。一見、病院時代の仕事とはかけ離れているように感じますが、「栄養士の勉強をしていたのがベースになっている安心感はありますね。資格を持っているからこそ頼まれる、といった仕事も多くて、勉強しておいて本当に良かったと思います」と、資格や過去の経験もしっかりと糧にしています。

最後に好きなことを仕事にして良かったことや、続ける秘訣を聞いてみました。

「好きなことを仕事にすると、楽しく前を見て過ごせますね。自分が健やかにいられる。自分が選んだことだから、辛い時もがんばれるんです。ただ、フリーランスという働き方の特性上、いつまでこの生活が続けられるかわからないという不安定さはあります。家賃が払えないくらい貧乏だったこともありますよ(笑)。だからきちんと準備をしておくことはとても大切だし、『やりたいことはやればいい』と安易には言えないです。でも、やりはじめたらとにかくやめずに続けることが大事。蒔いた種がすぐに芽を出すとは限らないけど、いつか必ず来ますから。今は毎日本当に楽しくて、ああ続けていてよかったと、日々実感しています」

Text:河辺さや香

【プロフィール】

wato(わと)
イラストレーター・フードコーディネーター・管理栄養士
岩手県生まれ 東京都在住。病院での栄養相談、飲食店でのメニュー開発等を経て、フリーに。現在は雑誌、新聞、WEB、ラジオなどでイラスト掲載やレシピ紹介をする他、「wato kitchen」として イベントへのケータリングをしている。
HP:http://blog.watokitchen.com/



好きなことを仕事にしたい!
そんなあなたは、仕事旅行に出発してみては?

2つの「好き」を両立させているwatoさんは、とってもステキですよね。
「憧れている仕事があるけど、いきなり飛び込むのは不安」というあなたは、「仕事旅行」に挑戦してみませんか?オトナの間で人気の「仕事旅行」とは……

続きを読む

●同じ特集の記事をチェック

好きを学ぼう特集

新しい自分になるための一歩を踏み出しませんか? いろいろな「学び」のご紹介から、実際に前に踏み出した方たちへのインタビューまで、「好きを学ぶ」をテーマに記事を集めました。

資格×仕事 特集

「資格を取った後って、どうなるの?」
「どんな風に、仕事や暮らしに活かせるの?」
そんな疑問に答えるために、資格や技能を使って活躍している方たちをインタビュー。あなたの「こうなりたい」が見つかるかも。

オススメの特集 オススメの特集
  • 好きを学ぼう特集特集
  • 特集特集
  • 資格×仕事特集
facebook
twitter
line