学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2017.03.02

人生のエンディングをサポートできる資格?終活アドバイザーとは

近頃、人生の最期に向けた準備を行う「終活」が広く知られるようになりましたが、さまざまな形で終活をサポートできる「終活アドバイザー」という資格はご存知でしょうか。
今回は、終活アドバイザーについてご紹介します。

  • シゴト

終活アドバイザーとはどんな資格なの?

終活アドバイザーとは、終活設計の専門家のことで、葬儀・遺産相続・老後の生活など、終活における多くの課題に対して適切なアドバイスによるサポートを行います。
社会全体が高齢化しつつある今、多くの方が、自分の人生のエンディングに向けて終活を始めています。終活のサポートを行う仕事へのニーズも高まっているため、今後、活躍の場が増えていくことが期待されています。

終活アドバイザーの資格を取得する方法は、終活アドバイザー検定試験に合格することです。合格後、「NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会」に登録申請をして入会すると、終活アドバイザーとして認定されます。

終活アドバイザーが活躍できる業界と仕事

終活アドバイザーの資格をより活かせるのは、シニアと接する機会の多い業界です。例えば、医療・介護業界で働く方なら、利用者や利用者のご家族と話をしながら、生活の質を向上させるお手伝いができます。看護師やケアマネジャーなどの仕事をする人が取得をすることで、患者さんや利用者の不安や悩みに寄り添い、さまざまな相談に適切な対応ができるようになるでしょう。

金融・保険・法律に関する業界の仕事においても、終活アドバイザーの知識を活かすことで、遺言や相続などの相談に強い人材として活躍できるでしょう。また、終活アドバイザーは葬儀業界でも活かせる資格です。終活セミナーや相談会を開いて集客をしたり、良き相談役として高齢者と密な信頼関係を築いたりすることが可能になります。

高齢化に伴い、終活アドバイザーが活躍できる業界や仕事は、今後さらに増えていくことが予想されます。キャリアの幅を広げるために、今の仕事で活かせる知識を手に入れるために、終活アドバイザー検定試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

他の資格との組み合わせでより強みを出せる!

終活アドバイザーの資格は、他の資格と組み合わせることによって、より強みを出せるようになります。すでに取得している資格に加えて、終活アドバイザーの資格も取得すれば、大きなキャリアアップにつながるかもしれません。

FP×終活アドバイザー

FP(ファイナンシャルプランナー)と終活アドバイザーの資格を取得すると、人生後半期のライフプラン設計に強くなり、高齢者の生活設計のコンサルティングに力を発揮しやすくなります。老後に備え、いったいどれくらいの資金を用意しておけばいいのかという相談から、葬儀・遺産相続などの相談にまで対応できるため、コンサルティングの幅が広がるでしょう。ニーズに沿ったプランニングができるFP(ファイナンシャルプランナー)として、スキルアップが見込めます。

行政書士×終活アドバイザー

行政書士と終活アドバイザーの資格を取得すると、人が亡くなった後の手続きに際して、法律と終活という2つの観点から対応できるようになり、ご遺族とのやり取りに強くなります。また、生前贈与や遺言書の作成などにも対応できるため、終活に強い行政書士として業界になくてはならない存在になれるかもしれません。

終活アドバイザーの資格は心強い味方となる

終活アドバイザーは、終活の専門家に与えられる資格です。現在の職種や資格にプラスすることで、より強みを出せる働き方も可能になります。また、仕事だけでなくプライベートにも知識は役立つでしょう。
キャリアの幅を広げるためにも、身近な人のサポートをするためにも、心強い味方になってくれる終活アドバイザーの資格は、今後さらにニーズが高まることでしょう。

【講座体験レポート】終活アドバイザー資格取得に挑戦してみた!

関連特集
facebook
twitter
line