学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2017.04.04

朝時間の快適な過ごし方と便利なFrancfranc(フランフラン)グッズ

一日のはじまりの朝。ゆっくりと朝ごはんを楽しんだり、準備を念入りにしたり、有意義に使いたいという人も多いのではないでしょうか? ただ、早起きはつらい......そんなあなたにおすすめの朝時間を充実させるコツと便利グッズをご紹介します。

  • ライフ
  • お役立ち

朝時間を充実させて得られるメリット

朝時間が充実すると、様々なメリットがあります。
朝食をゆっくり楽しめたり、同僚や友達とのコミュニケーションのために、ニュースなどの情報を仕入れることができたり、好きな音楽を聴いて、気持ちを上げられたり……。一日をステキに過ごすきっかけづくりができます。

ただ、メリットはわかっていても早く起きるのが難しい人も多いでしょう。そこでここでは朝早起きするためのコツを、鮮やかな色づかいと斬新なデザインが特長のFrancfranc(フランフラン)グッズとともにご紹介します。

今日からできる! 早起きをするコツ3つ

ここでは、朝早く起きるための3つのコツをご紹介します。

【朝早く起きるための3つのコツ】
1.早起きにご褒美を設ける
2.起きた後の日課をつくる
3.普段できていないことに取り組む

を実践することです。シンプルではありますが、仕組みを作っておくことが重要です。具体的にどうすればよいかを詳しくみていきましょう。

【コツ1】早起きにご褒美を設ける

人は、先に楽しみなことがあると意欲が湧き、脳が活発になります。そこで、朝早起きをするために、早起きに対する「ご褒美」を設けておくことが役に立ちます。

「ご褒美」の例として、美味しい朝ごはんはいかがでしょう。バランスの取れた朝ごはんは、一日を元気に過ごすことにも役立ちます。

例えば、ホットサンドメーカーを使えば、自分好みのホットサンドが手軽に用意できます。手の込んだ朝食を作ろうとすると、逆に起きることが億劫になってしまう可能性がありますが、ホットサンドであれば食材は、食パンと自分好みの具材を用意するだけです。
おすすめの具材は、ハム×チーズ、カレールー、千切りキャベツ×蒸し鶏×マヨネーズ、トマト×ベーコンなど。前日の余った料理や、冷蔵庫にストックしてある食材を使うようにするとさらに手軽に楽しめるでしょう。


ホットサンドができたら、華やかな食器に盛り付けをして、色も楽しみましょう。優しい色彩のプレートを使えば、朝から華やいだ気持ちになれます。メラミン素材のプレートであれば、軽いので洗い物の負担も少ないです。

【コツ2】起きた後の日課をつくる

起きた後の日課があると、起きてすぐ次の行動が想像でき、早起きがしやすくなります。そのためには、「ダイエットをしたい」「勉強をしたい」など、自分の目標を叶えるために必要なタスクを日課にするとよいでしょう。

難しいことではなく、簡単に行えるものを日課にすることがコツです。例えば無理せず手軽に続けられて、気持ちよく目覚めることのできるストレッチがおすすめ。

中でも目覚めを良くするのにおすすめなのは、とても簡単な足首のストレッチです。
寝たまま仰向けの状態で両腕を頭上に両足を下に、ぐっと伸ばすようにします。腕は頭上に足は下へぐっと伸ばして、深呼吸しながらゆるめてを5回程繰り返します。目が覚めてすっきりした気分になるでしょう。

また、アイテムを使うことでより手軽に身体をほぐすこともできます。おすすめは「ツボピロー」。コリが気になる箇所を押すだけで身体がほぐれます。お気に入りの音楽を聴きながらや、テレビでニュースを見ながら、ゆっくりほぐすだけで大丈夫。気持ちよく一日をスタートできます。


もう少し余裕があれば、腕や背中のストレッチをしながら、マッサージクッションを使って腰をマッサージするというあわせ技もありです。一石二鳥で快適に目覚めることが出来るでしょう。


ストレッチは、継続することでその日の自分のコンディションを知り、心と身体を整えることに繋がります。継続するには自分が「気持ちいい」と感じるものを見つけることが大切です。一日の初めに身体を整えて、リフレッシュした一日を過ごしましょう!

【コツ3】普段できていないことに取り組む

普段できていないことに取り組むのも、早起きのコツの一つです。
忙しくてなかなか取り組めないけれど、やってみたいと思っていたことをするには、朝時間が一番です。雑音が入らず集中して取り組めますし、朝は頭がすっきりした状態なので定着もしやすいです。それが日課になれば、自然と早起きをする習慣が身につくでしょう。

例えば、自分磨きの勉強をしてみることも手です。「気になっているけれども、取り組めていない分野」を学んでみましょう。

下記のようなことを考えることはありませんか?

●病気ではないけれども、何となく体調がよくないと感じる
薬膳を学んで、「未病」を解消する薬膳料理にチャレンジ!

●気分転換のために、お部屋を模様替えしたい
整理収納アドバイザーの勉強をして、部屋を快適に!
インテリアコーディネーターの勉強をして、本格的にお部屋の模様替え!

●海外旅行に備えて、英会話を学んでおきたい
ピンズラーアメリカ英語を使って、「聴く&マネする」「質問する&答える」の方法で英会話を習得!

これらの勉強を継続するコツは、あくまで無理をしない範囲でできるようにしておくことです。睡眠時間が確保できなくなるほど早起きをする必要はありません。朝起きたとき、自分の目の届く近くの距離にテキストを置いてみましょう。

少しの工夫で朝時間が快適に

今回は早起きのコツとFrancfranc(フランフラン)のお役立ちグッズの紹介をしました。朝早く起きたいけれども、なかなかできないという場合は、グッズを使って自分の環境を変えてみることも一つの手です。

少し早起きするだけで、自分の好きなことに時間を使えます。ぜひ参考にしてみてください。

オススメの特集 オススメの特集
  • お役立ち特集
facebook
twitter
line