学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.06.01

100円で作れちゃう? 節約カリスマ主婦・武田真由美さんの節約&時短レシピ

主婦が「節約」を考えるなら、毎日の食事は欠かせないポイント。お金はもちろん、時間も節約できる「節約」「簡単」「時短」の三拍子がそろったレシピを、ブログ『1週間2500円節約レシピ』が話題の節約カリスマ主婦・武田真由美さんに教わりました!

  • お役立ち
  • 特集

材料費100円だけでつくれる
ボリュームたっぷり満足夕飯レシピ

真由美さんの1週間2500円節約レシピ』というブログで人気の武田真由美さん。なんと彼女は、ファイナンシャルプランナー(FP)をはじめ、フードコーディネーター、食生活アドバイザーの資格をもつカリスマ主婦。夫婦2人の食事を、1ヵ月1万円でやりくりする節約の天才です。そんな武田さんが提唱するのは、節約レシピでも、満足感があって、食欲をそそるレシピ。まずは材料費たった100円で作れる、ボリューミーなレシピをご紹介します!


●仕事帰りでも楽々♪ 簡単どんぶりレシピ

仕事で遅く帰宅した日の晩ごはんは、なるべく手間をかけずに用意したいですよね。そんなときの強い味方が、ササッと準備できて洗い物も少なくて済む「どんぶりもの」。
武田さんのオススメ「オム丼」は、ちょっと面倒なオムライスを時短&節約できるようにアレンジしたもの。卵を巻かずに乗っけるだけなので、材料費を節約しながら、驚くほどラクにおいしいオムライスが作れちゃいます! ボリュームもしっかりしているのでメインにぴったり。ぜひ試してみて♪

【巻かずに簡単! オム丼】

<材料 2人分>
たまご … 1個

A 片栗粉 … 小さじ1
A 水 … 大さじ1

玉ねぎ … 1/2個
鶏むね肉 … 1/4枚
ごはん … 2膳分
バター … 小さじ1程度

B ケチャップ … 大さじ3
B 顆粒コンソメ … 小さじ1

油 … 適量
ケチャップ・パセリ(乾燥)… お好みで適量

<作り方>
1. 玉ねぎは薄く切り、鶏肉は小さく切る。
2. ボウルにAをよく溶き、その中に卵を加えてよく混ぜる。フライパンに油を熱し、卵液を流しいれ、表面が乾いた感じになるように片面を焼き、取り出す。
3. 2.の空いたフライパンで1.を炒め、火が通ったらごはんを入れて炒め、Bを加えて味付けする。
4. 3.のごはんを深さのある皿に盛り、2.の薄焼き卵を半分に切ってのせ、ケチャップ・パセリをかけて出来上がり。

<武田さんに聞いた! おすすめポイント>
卵を巻くのが苦手な方でも安心してください! 巻きませんから♪
実は私自身がオムライスを巻く作業が苦手だったことから、このレシピを考案しました。水溶き片栗粉と卵を混ぜて卵液を作ることで、薄焼き卵も破れにくくなります。ひっくり返さず、片面だけ焼いて半分に切るだけなので、失敗知らず! ボウルひとつで調理できるから、光熱費の節約にもつながります♪


●100円以下で使い回しできる! 万能常備菜・副菜レシピ

毎日の食事で使える常備菜や副菜レシピ。野菜をモリモリ食べられるヘルシー惣菜なら、毎日のメニューに取り入れたくなっちゃいますよね!

【キャベツとツナのモリモリ山盛りサラダ】

<材料 2人分>
キャベツ … 3枚
ツナ缶 … 1缶
塩 … 小さじ1/3
A マヨネーズ … 大さじ2
A すりごま … 大さじ2

<作り方>
1. キャベツを千切りにして塩でもみ、5分ほどおいてしんなりしたら、水気を絞る。
2. ボウルにAを混ぜ、1.のキャベツ、油分を切ったツナを入れてよく混ぜる。

<武田さんに聞いた! おすすめポイント>
キャベツは他の葉物に変えてもOK。スーパーで安い葉物を選ぶようにすれば、材料費を節約できます!


【春キャベツのかに玉炒め】

<材料 2人分>
春キャベツ … 3~4枚
たまご … 2個
かに風味かまぼこ … 70g程度

サラダ油 … 大さじ1

A しょうゆ … 小さじ1
A 鶏がらスープの素 … 小さじ1
A 片栗粉 … 小さじ1/2
A 水 … 大さじ1

<作り方>
1. キャベツは芯をとって斜めに薄切りし、葉の部分は食べやすい大きさに切る。かに風味かまぼこは、手で裂く。 ボウルに卵を割りほぐす。
2. ライパンに油を熱し、溶き卵を流しいれてかき混ぜ、半熟に固まってきたら、1.のキャベツとかに風味かまぼこを加える。
3. 合わせたAを流し入れ、手早く炒める。

<武田さんに聞いた! おすすめポイント>
リーズナブルなのに、組み合わせるとそのマリアージュが最高なキャベツ・かに風味かまぼこ・たまご。シンプルな調味料だから、箸がとまらないハマる味に仕上がります。
春キャベツを使う場合は、炒めすぎず強火でちゃちゃっと炒めると、シャキシャキ感が残り、食べごたえを感じるのでオススメ。中華麺(焼きそば麺)と炒めたり、春巻きの皮で巻いて揚げ焼きにしたりしてアレンジしても美味しいですよ♪

行楽に大活躍! 簡単・豪華!
ワンコインお弁当レシピ♪

お出かけ先のご当地グルメも良いけれど、外で食べる手作りのお弁当は最高のごちそうです。手間とお金をかけずに豪華に見えるお弁当レシピでおもいっきり楽しんじゃいましょう♪

●そのひと手間が嬉しい! 絶品おにぎらず

ピクニックやレジャーなどのお弁当に、欠かせないのが「おにぎり」。愛情込めて握ったおにぎりはもちろん美味しいけれど、せっかくのお出かけだから、いつもよりちょっぴり豪華に見せたいなら「おにぎらず」がおすすめ! 握らず簡単に作れるのに、巻き寿司のように手間をかけた一品料理に見える絶品おにぎりです。

【ツナマヨおにぎらず】

<材料:2人分(2個)>
ツナ缶 … 1缶
マヨネーズ … 大さじ2
サニーレタス … 1枚
ごはん … 2膳分
焼きのり … 2枚

<作り方>
1. ボウルに油分を切ったツナ・マヨネーズを入れてよく混ぜる。
2. ラップの上に焼きのりをおき、真ん中にごはんを1/4量のせる。その上に、レタス→1.のツナマヨ→ごはん1/4量を順にのせ、海苔の四方を閉じ、ラップで包んでしばらく置いて形をなじませる。
3. ラップで包んだまま、包丁で半分に切る。

<武田さんに聞いた! おすすめポイント>
大人も子供も喜ぶツナマヨ味! ツナの旨みがごはんにしみて美味しく食べられます。ごはんの量を調整して具が中心にくるようにすると、切り口がキレイになります。
ツナ缶はセールの時にまとめ買いをしておけば、1缶あたり約80円まで節約できることも!


●お弁当を華やかに飾る、やみつきおかず【2品】

手間をかけずにお弁当の印象を華やかにしてくれる、美味しくて食べごたえのあるレシピを紹介します。

【ピーマンの肉詰め焼き】

<材料 2人分>
豚ひき肉 … 100g
玉ねぎ … 1/4個

A パン粉 … 大さじ2
A マヨネーズ … 大さじ2
A 片栗粉 … 小さじ1
A 塩・こしょう … 各少々

ピーマン … 3個

片栗粉 … 適量
パン粉 … 適量

<作り方>
1. ボウルに、粗みじん切りにした玉ねぎ、豚挽き肉、Aを入れてよく混ぜる。
2. ピーマンは縦半分に切って種をとり、片栗粉(適量)をうすくまぶす。
3. 2.のピーマンに、1.の肉ダネを入れる。
4. オーブントースターの天板にアルミ箔をしき、その上に3.をのせてパン粉をちらす。予熱をしたオーブントースターに入れて、10分ほど焼く。
※オーブントースターの種類によって、加熱時間は前後することがあります。焦げそうになってきたら、アルミ箔を上にのせて焦げを防ぎましょう。
5. お好みで、ウスターソースやケチャップを添えて完成。

<武田さんに聞いた! おすすめポイント>
ひき肉はお肉の中でもリーズナブルで、節約レシピにはかかせない食材です。さらに、玉ねぎとパン粉を混ぜ込むことで、肉の量が少なくても満足できるメインおかずに仕上がります。
オーブントースターを使うことで、脂分を逃さず、ふっくらジューシーに仕上がります。またフライパンを使わないので、他の炒めものなどを同時進行できたり、後片付けが簡単なのも嬉しいポイントです。


【エリンギの肉巻照り焼き】

<材料:2人分>
豚ばら肉 … 6枚 
エリンギ … 1パック分(3本)

小麦粉 … 小さじ1.5
サラダ油 … 大さじ1

A しょうゆ … 大さじ2
A みりん … 大さじ1

<作り方>
1. エリンギは縦に4等分に切り、12本にする。根本に十字に切り込みを入れて、手で割いてもOK。
2. 豚ばら肉1/2枚でエリンギを巻き、薄く小麦粉をまぶす。
3. フライパンに油を熱し、2.の巻き終わりを下にして焼き、合わせたAを流し入れ、照りからめる。

<武田さんに聞いた! おすすめポイント>
エリンギに肉の旨みがぎゅっとしみ込んで、冷めてもおいしい味わい。エリンギをしいたけやえのき、しめじに代えることもOKなので、家にあるきのこ類でアレンジもできます。きのこを挟むから、肉の量が少なくてもボリュームのあるおかずになるので節約にもつながります! 小麦粉をまぶすと、たれがからみやすくなってよりジューシーに。照りたれがごはんにもビールにも合いますよ♪
家庭にあるものを利用しつつ、500円以内で簡単に、2人前のお弁当を作れちゃいます。ミニトマトを入れたり、リーフレタスを飾ったり、彩りよく華やかにお弁当箱に詰めましょう!

今すぐ実践して、賢くお金を貯めましょう♪

武田さんのレシピは、節約できるだけでなく、簡単に作れるのに見た目も華やかで時間も短縮できちゃうのが嬉しいですね。その秘密をひも解いていくと、3つのポイントがありそうです。

<ポイント1>
調味料は、できるだけ家にある使い慣れたものを利用すること。
<ポイント2>
よく使う野菜類は、安売りの時などにまとめ買いして常備しておくこと。
<ポイント3>
単色のお料理にも彩りをプラスすることで、食欲をそそるように仕上げること。

これらのポイントをおさえることで、今日から節約ライフをスタートできそうですね。

ファイナンシャルプランナー(FP) の資格も持っている武田さんは、日々の努力で節約したお金を住宅ローンの繰り上げ返済や家族の趣味を応援することなどに回して、家計を支えているそうです。初めは必要に迫られて工夫しているうちに、苦手意識のあった料理が得意なものに変わり、今では節約レシピが興味・関心事の中心を占めるようになったのだそう。

これから節約を始めるならば、目標を設定してからスタートすると続けやすいかもしれません。将来への投資や貯蓄、子どものための学資資金や旅行資金など、自分に合った楽しい目標をつくって、賢い節約主婦を目指しましょう!

夏を乗り切る! 節約簡単レシピ

夏を乗り切る! 節約簡単レシピ

さすがはカリスマ主婦の節約レシピ! どれも鉄板レパートリーになってくれそうですね。簡単節約レシピはまだまだあります。これから暑くなる季節にぴったりの爽やかなレシピもご紹介しましょう。トマトソースで味わう「鶏肉のソテー」+爽やかな酸味が食欲をそそる「たまねぎのレモン和え」+さっぱりとした「わかめのスープ」の3品でなんとトータル200円以下! そのレシピとは……

続きを読む

【プロフィール】

武田真由美(たけだ まゆみ)さん
主婦向け雑誌で紹介された食費節約をはじめ、次々に生み出す節約ワザが多くの主婦から支持される。現在は節約アドバイザーとして、節約コラムの執筆や節約レシピ開発、テレビ出演等で活躍している。著書に『節約女王・武田真由美の15分150円晩ごはん』(主婦と生活社)などがある。ブログ「真由美さんの1週間2500円節約レシピ」も更新中。

この記事のキーワード この記事のキーワード

オススメの特集 オススメの特集
  • お金特集特集
  • 特集特集
facebook
twitter
line