2017.12.18

みんなが選んだ!2018年に「取りたい資格」「気になる資格」を大発表!

みんなが選んだ!2018年に「取りたい資格」「気になる資格」を大発表!

「せっかく取るなら役に立つ資格」それは誰もが思うこと。みんなどんな資格を持っているの?取ろうとしているの?今回は、みんなが注目する資格についてアンケートを実施。TOP3には意外な資格がランクインしているかも......!?今すぐチェック!

  • お役立ち

意外?想定内?2018年の人気資格はコレだ!

何か新しいことを始める気持ちになる新年。あなたは何にチャレンジしてみたいですか?新たな世界を広げるきっかけとして、資格を取得したいという人も多いはず。そこで今回は、10代~60代の女性に、2018年に「取りたい資格」「気になる資格」についてアンケートを実施してみました。

みなさん、どんな資格に興味を持っているのでしょうか?10代~30代、40代~60代に分けて集計すると、こんな結果に……!

2018年に「取りたい資格」「気になる資格」
2018年に「取りたい資格」「気になる資格」

それぞれ人気の資格TOP3はこのような結果になりました!

10代~30代

  • 1位:管理栄養士
  • 2位:カラーコーディネーター
  • 3位:食生活アドバイザー(R)

管理栄養士講座へのリンク

カラーコーディネート講座へのリンク

食生活アドバイザー(R)講座へのリンク

40代~60代

  • 1位:介護福祉士
  • 2位:終活アドバイザー
  • 3位:管理栄養士

介護福祉士講座へのリンク

終活アドバイザー講座へのリンク

若い世代では、この他にも「ネイリスト」「アロマテラピー」「保育士」など、自分の趣味や特技を磨いたり、経験を積んだりして仕事につなげられる資格が人気でした。

ネイリスト講座へのリンク

アロマテラピー検定講座へのリンク

保育士講座へのリンク

一方、40代以上は、歳を重ねるごとに身近な問題となってくる介護の資格や、高齢化に伴い今後ますます需要の高まる資格が上位を占めています。「医療事務」「マンション管理士・管理業務主任者」など、手堅く収入を得るための資格にも票が集まりました。

医療事務講座へのリンク

マンション管理士・管理業務主任者講座へのリンク

そして「管理栄養士」は、どちらの世代でもランクイン!毎日の生活に欠かせない食に関する資格は、世代を超えて人気のようですね。

また「資格を取りたくなる動機」についてのアンケートでは、10代~30代は「結婚や出産などによる変化を見据えて」という理由が1位に。対して、40代~60代では「昔、本当に自分のやりたかった仕事や趣味を実現するため」という回答が1番多く、「ライフステージが変化する世代」と「自分のことに時間を使える世代」で、資格を取りたくなる動機も変わっていくことが分かりました。

組み合わせて効率アップ!?4人に1人は資格の複数持ち!

続いて、いくつ資格を持っているかも聞いてみました。全世代を平均すると、資格を持っている人の割合が約半数。そして、全体の4人に1人が資格を複数持ちしているという結果になりました。

Q:資格をいくつ持っていますか?(全世代)

  • 持っていない:47%
  • 1つ持っている:28%
  • 2つ以上持っている:25%

さらに、資格を「2つ以上持っている」とご回答いただいた方に聞いた、「複数の資格を持っていて良かった」というエピソードもご紹介します。

  • 履歴書に書くことが多くなるので、面接時に注目された(20代 専業主婦)
  • 介護福祉士とレクリエーション介護士の資格を持っているので、施設でレクリエーションなどの企画をまかされています(30代 パート)
  • 託児所付きのネイルサロンで働いていたとき、保育士の資格もあったので、他の人よりも給料を多くもらえた(40代 自営業)
2018年に「取りたい資格」「気になる資格」

複数の資格をうまく組み合わせるなどして、就職活動や仕事に活用している方も少なくないようですね。

みんなの本音!資格取得に二の足を踏む理由は「お金」?「時間」?

みんなの本音!資格取得に二の足を踏む理由は「お金」?「時間」?

取得すると、就職活動や仕事に活用できる資格。しかし、いざ資格を取ろうと思ってもなかなか踏み切れないのも現実……。資格取得を躊躇するネックはズバリ何なのかも聞いてみました。

Q:資格をとるのに躊躇する理由は?(全世代/複数回答)

  • 勉強時間の確保:64%
  • 取得にかかる費用:47%
  • 難易度:39%
  • その他:3%

どの世代も「勉強時間の確保」が1番のネックという結果でした。日々、仕事や子育てや家事に忙しい中で、資格取得のための勉強時間をつくるのは、確かに至難の技。忙しい毎日の中でもスキマ時間をうまく活用するなど、時間の使い方を工夫して、資格取得への一歩を踏み出したいですね。仕事が落ち着く時期や子育てがひと段落するタイミングを事前に見据えて、計画を練るのもいいかもしれません。

ズバリ!資格取得にかけられるお金っていくら?

さらに、みなさん月々いくらまでなら、資格取得にお金をかけられるかも聞いてみました。

Q:資格を取得するのに月々いくらまで出せますか?(10~30代)

  • 1位:5,000円まで(24%)
  • 2位:3,000円まで(23%)
  • 3位:2,000円まで(17%)

Q:資格を取得するのに月々いくらまで出せますか?(40~60代)

  • 1位:6,000円以上(31%)
  • 2位:5,000円まで(29%)
  • 3位:6,000円まで(21%)

どちらの世代でも、資格の取得には月々5,000円ほどは出せる方が多いという結果になりました。中には「必要な資格ならいくらでも出せる!」という回答も。いつもは財布の紐が堅くても、自分に投資する目的であれば、それなりの額は出して当然と考える人が多いようです。

予想外!?この資格でこんなメリットが!

「仕事やスキルアップのために取得した資格が、思いもよらないところで役に立った!」という声も多数ありました。アンケートに寄せられた予想外なエピソードをご紹介します。

  • 保育士の資格を持っているため、母性のある優しい人と勝手に思われる(20代 専門職)
  • 栄養士の資格で得た知識が、子どもの離乳食を作るときに役立った!(30代 専業主婦)
  • 調理師の資格を取って料理が得意になったら、同窓会で出会ったアスリートの人と盛り上がり、お付き合いすることに!(30代 派遣社員)
  • ネイルの資格を取ったら、ママ友さんにネイルを頼まれるようになり、いろいろな人と仲良くなるきっかけになった(30代 公務員)
  • ホームパーティーのときに、何を作っても「野菜スペシャリストが作ると一味違う!」と喜ばれる(40代 会社員)

調理師講座へのリンク

野菜スペシャリスト講座へのリンク

2018年に「取りたい資格」「気になる資格」

結論:2018年に「取りたい資格」「気になる資格」はコレだ!

アンケートの結果、2018年に「取りたい資格」「気になる資格」の世代別トップは、「管理栄養士」と「介護福祉士」でした。どちらも生活に役立ちながら、仕事にも活かせる資格で納得ですね。また、資格が意外なところで役立ったエピソードから、資格取得が単なるスキルアップだけではなく、人生をより豊かにしてくれるきっかけになるケースもあることが分かりました。2018年をより充実した年にするために、あなたも資格取得への一歩を踏み出してみませんか?

管理栄養士講座へのリンク

介護福祉士講座へのリンク

アンケート対象:10代~60代の女性189人、調査期間:2017年10月20日~10月27日
プロフィール
女子プロ ハート研究所
女子プロ ハート研究所
CMプランナーと女子の心を代弁する会員400名で構成される、プロモーション集団。
女性のためのwebプロモーションサイト「女子プロ ハート研究所」やInstagramにて、企業と主婦達が相互に理解し楽しめるプロモーションを次々と展開中!

男性に聞く「妻が持っていたらうれしい」資格

家の数だけ夫婦の形はあれど、最近は「結婚したら家庭に入ってほしい」ではなく、「いざという時には養ってほしい」と、『頼りになる奥さん』が人気だとか!そこで実際、男性はどう思っているのか20代~40代男性……

こちらの記事もチェック
関連特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line