学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2015.12.11

時短のコツは「前日仕込み」!  スマートなクリスマスレシピで楽しいディナーを

もうすぐクリスマス! イルミネーションが輝く街を歩いたり、ツリーを飾ったり......。毎日がパーティー気分ですね。今回は、簡単にできるのに本格的なクリスマスレシピをご紹介♪ 時間を上手に使って、もてなす側も、みんなと一緒に楽しみましょう。

  • ブレイク

基本のスパイスでジューシー!
漬け込みタンドリーチキン

スパイシーな香りが食欲をそそる、タンドリーチキン。スパイス類に漬け込むだけでおいしくなるから、手間をかけず、失敗なし! 華やかなクリスマスのメインディッシュとしてぴったりです。

玉ねぎ、ヨーグルトと、肉を柔らかくしてくれる食材に一晩漬け込むと、驚くほど柔らかく仕上がりますよ。

●材料(2人分)

鶏もも骨付き肉 2本(250〜300g×2)

(A)

塩 小さじ1
レモン汁 50ml
赤玉ねぎ 1個

(B)

にんにく 2片
しょうが 1片(にんにくの半量)
カレー粉 大さじ1
パプリカパウダー 大さじ1
カイエンペッパー 小さじ1(一味唐辛子)
ヨーグルト 100g

●下準備

鶏もも肉は骨に沿って浅く切り込みを入れ、厚みを整える。赤玉ねぎ、にんにく、しょうがはすりおろす。オーブンは200℃に予熱する。

※肉はぜひ、骨付き肉を用意して。ボリューム感が出るのはもちろん、骨の髄からうまみが染み出し、肉がぐっと美味しくなります。
⇒時短ポイント★
鶏肉は切り込みを入れることで火が通りやすくなるとともに、ムラなく焼き上がる!

●肉を漬け込む

1) ポリ袋を二枚重ねにして、鶏肉、(A)を入れて手でよく揉み、常温で30分置く。

2) 1に(B)を加えて揉みこみ、肉にスパイスをよくなじませる。空気を抜いて袋を閉じ、冷蔵庫でひと晩〜24時間置く。

※24時間以上保存する場合は冷凍庫に。冷凍庫では1週間ほど保存が可能。自然解凍し、以下の工程は同じ。
⇒時短ポイント★
肉は漬けたら置いておくだけ。当日は焼くだけだからとっても手軽!

●オーブンで焼く

3) 2をつけ汁ごとオーブンに入れ、20〜30分焼く。途中で表面が焦げすぎるようならアルミホイルをかぶせる。竹串を刺し、透明な肉汁が出るようなら出来上がり。
⇒時短ポイント★
オーブンに入れておくだけで完成! 他のことをしながらメイン料理ができちゃいます。

●仕上げる

4) お好みでミントやディル、ローズマリーなど、香りが強めのハーブを添える。

フルーツぎっしり! カラフルスノーキューブゼリー

「クリスマスらしい華やかな食卓を演出したい!」そんなときにぴったり。簡単なのに見栄えのいい、カラフルなデザートです。

食材の持ち味を生かしたシンプルなゼリーは、フルーツそのものの味わいが楽しめるのが魅力。前日に仕込んでおけば、当日は出すだけなのもうれしいですね。

■材料(4.5㎝の角形シリコン8個分)

アガー 5g
砂糖 30g
水 200〜250ml

※「アガー」は海藻などの植物原料からできた凝固用食材。室温でも固まるのでゼラチンより使いやすく、寒天より透明感があります。製菓用食材店や大型ショッピングセンターなどで手に入りますが、ない場合はゼラチンを同量使ってください。ゼラチンの場合は型抜きしにくいので、透明カップなどに入れて楽しみましょう。

(A)

柿 1個
りんご 1/2個
キウイ 1個
※上記、お好みのフルーツでアレンジ可能

アラザン 適量
食用花 適量
ココナッツファイン 適量

●下準備

フルーツは角形にバランスよく入るよう、好みの大きさの角切りにする。りんごは表面を塩でもむようにこすってから洗い、皮付きのまま使うときれい。

●アガーを溶かす

1) 砂糖とアガーはあらかじめ混ぜておく。鍋に(A)を加え、弱めの中火にかける。混ぜながら粉を溶かし、まわりがふつふつと沸き立ったら、沸騰する前に火からおろす。

2) 製氷皿に(A)を彩りよく入れ、2を注ぎ入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

●仕上げる

3) しっかり固まったらシリコン型を外側からゆっくりひっぱって変形させながら、ゼリーをやさしくはがす。皿に盛り、ココナッツパウダーやアラザンをあしらう。
⇒時短ポイント★
前日に仕込んでおけば、当日はテーブルに出すだけ! ゆっくりディナーを楽しめますね。

時間を上手に使うのも、時短のテクニック!

今回ご紹介したレシピはどちらも「時間が美味しくする」料理。寝ている間や外出の時間に、冷蔵庫でじわじわと味がなじんだり、きりっと冷たく固まってくれます。時短料理は、キッチンにいない時間を上手に使うのもひとつのポイント。

「家に帰ったら、美味しいごちそうが待っている!」と思うと、仕事やお出かけ先の用事も、はかどるかもしれませんね。



料理とスタイリング/ライティング
田中あずさ(アンドシノワーズ)
http://indochinoise.com

こんな記事もオススメ!

ふんわり&可愛い「デコ包子」と「しましまプリン」の時短レシピ

電子レンジで作れる時短パーティーメニューをご紹介。おもてなしの準備は何かと時間がかかるもの。さっとできる気の利いた料理で、ホームパーティーのテーブルを華やかにデコレーションしましょう♪

→ふんわり&可愛い「デコ包子」と「しましまプリン」の時短レシピはコチラ

時短食材を使いこなす!  さくっとできる、おしゃれな忘年会レシピ教えます!

「仕事おさめに大掃除。年賀状も出さなきゃ......!」と大忙しの年末。でも、仲間との忘年会はおしゃれに楽しみたいですよね。今回は、それぞれ10分もあれば出来上がる、とっても簡単なパーティーメニューをご紹介。ふたつの時短食材が大活躍しますよ!

→時短食材を使いこなす!  さくっとできる、おしゃれな忘年会レシピ教えます!はコチラ

今、話題の「食生活アドバイザー」ってどんな資格?

ユーキャン食生活アドバイザー講座の主任講師である竹内弘光先生に、この資格の魅力をたっぷりお伺いしてきました。

→今話題の「食生活アドバイザー」ってどんな資格?はコチラ

関連特集

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line