学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2020.05.21

主婦業プラス副業で夢を叶える!自分のブランドを立ち上げたデザイナー・岩永ミカさんにインタビュー

主婦業プラス副業で夢を叶える!自分のブランドを立ち上げたデザイナー・岩永ミカさんにインタビュー

スマホケースブランド「ROSE WITH TOO」を立ち上げ、デザイナーとして活動する岩永ミカさん。彩り豊かな押し花の作品は多くの女性の心を掴み、人気ブランドに成長!3人の子どもを育てながら夢を叶えた岩永さんに、主婦が副業で成功する秘訣を伺いました。

  • ライフ
  • ブレイク

スマホケースを作り始めたきっかけは「欲しいものがなかったから」

スマホケースを作り始めたきっかけは「欲しいものがなかったから」

三児の母として育児に奮闘する一方で、スマホケースブランド「ROSE WITH TOO」を立ち上げ、InstagramなどのSNSやECサイトを通して商品を発信・販売している岩永ミカさん。スマホケースの制作を始めたのは、今から7年ほど前。きっかけは「市販のケースで、欲しいものがなかったから」だと言います。

「ネットでかわいいケースを検索していた時に、押し花をあしらったスマホケースを扱う海外サイトを見つけて。作り方が細かくアップされていたので、見よう見まねで作ってみることにしたんです。もともとモノ作りが好きで自宅のカーテンや母子手帳ケースなどを自作していたこともあり、その延長でトライしてみたいと思ったんですよね」(岩永ミカさん)

気軽な気持ちで作ってみたものの、これが意外と難しかったようで……。「樹脂を扱うことすら初体験だったので液だれを起こしてしまい、なかなか綺麗に仕上がらなかった」と失敗の連続だったとか。

それでも諦めず近所の押し花教室に通ったり、ネイリストの友人に助けを借りたりして、なんとか第一号が完成!最初は自分使いのケースとして愛用していたそうですが、パターン違いをいくつか作るうちに、次第に「自分が思う『かわいい』はどれくらいの人に共感されるのだろう?」と思うようになったのだそう。

売れるかな?試しにフリマアプリに出品したところ、予想外の反響が!

売れるかな?試しにフリマアプリに出品したところ、予想外の反響が!

「販売して、世間の人の反応を見てみよう」

そう思った岩永さんは、試しに普段利用していたフリマアプリに自作のスマホケースを出品することにしたそう。するとすぐに「SOLD」の表示が!

「当時は商材が珍しいということもあったかと思うのですが、販売を開始するとすぐに売れていきました。自分が思う『かわいい』は、たくさんの人に共感していただけたのかなと嬉しくなりましたね」(岩永ミカさん)

予想外の反応に「もっとたくさんの人にケースを届けたい」という気持ちが芽生えたという岩永さん。そこで、通販サイトを自力で作成し、本格的に販売をスタートすることに。同時にInstagramを通して、商品の告知や世界観を発信し続けたところ、翌年には月300個ほど売れるようになったというから驚きです。

「ROSE WITH TOO」というブランドを立ち上げたのも、ちょうどその頃でした。

「最初は副業だし、ブランドを立ち上げるつもりはありませんでした。しかし販売を行っていく中で、押し花のスマホケースブランドなんて、他にないんじゃないかと思ったんですよね」(岩永ミカさん)

ブランドを立ち上げた後は、購入型のクラウドファンディング(*)に挑戦するなど、「ブランドの確立・認知」にも注力した結果、企業からの制作依頼が増えるなど、仕事にぐんと広がりが生まれたとか。

「おかげさまで、今では映画の小道具としての提供や、大手企業からのワークショップの依頼といった、大きな仕事をさせていただく機会も増えています。今後の目標は(ケース以外にも)お花で作れる商品を増やしていきたいです。企業とコラボ商品を作れたら最高ですね!」(岩永ミカさん)

*インターネットを通じて広く呼びかけ、賛同する人から資金を集める「クラウドファンディング」のひとつ。企画者(プロジェクトオーナー)の取り組みに賛同する人が、商品を「購入する形」でプロジェクトを支援する。

やっぱり家族が一番大事。主婦業とのバランスを保つコツ

やっぱり家族が一番大事。主婦業とのバランスを保つコツ

当初は副業というスタンスで始めたスマホケース販売でしたが、2017年には法人化してスタッフも増え、現在では本業として事業を展開している岩永さん。超多忙な中、家事・育児と仕事をどのように両立されているのでしょう?

「すごくシンプルなんですけど『仕事は仕事場で。家では家のことを』がマイルール。自宅になるべく仕事は持ち込まないようにしています。あとはアラームをフル活用していますね。以前は時間を忘れて制作に取り組んでしまい、子どものお迎えに遅れるという失敗をよくしていたので……。アラームが鳴ったら、その時点で強制終了です」(岩永ミカさん)

家族の理解を得るために、工夫していることはありますか?

「なるべく『ママすごい!』と思ってもらえるよう演出します(笑)。たとえばファッション誌に掲載されたら、書店に連れて行って雑誌を見せたり、テレビの取材があればオンエアを見せるとか。そうすることでうちの家族は自然と私の仕事を理解し、応援してくれるようになりました」(岩永ミカさん)

岩永さんが考える、主婦が副業で成功する秘訣は「一に無理しないこと、二に行動」にあり!

「お母さん業に支障が出て、家族との関係が悪くなるのは本末転倒なので、一番大切なのは金銭的にも時間的にも体力的にも『無理なく』ってところではないでしょうか。次に行動することが大事だと思います。はじめはお小遣い稼ぎくらいの気軽な気持ちでいいと思うんです。よく資金の問題があって踏み出せないという方がいますが、家族に相談するなど、自分の中だけで無理だと決めつけないで欲しいと思います」(岩永ミカさん)

主婦業プラス副業で夢を叶える!自分のブランドを立ち上げたデザイナー・岩永ミカさんにインタビュー

副業はママの世界を広げる!やりたい気持ちがあれば、行動あるのみ

今はネット上のサービスで誰でも自分の作ったものを販売できる時代。「私のようにモノ作りが好きな方は、そういったサービスやたくさんの人に発信できるSNSを積極的に利用しましょう。0円で始められるものも多いので、気軽な気持ちで販売してみては?一歩を踏み出すと自分の世界も広がるし、得られるものも大きいですよ!」と岩永さん。悩んでいる方は「とにかく始めてみる」ことが副業への第一歩。子育てや家事で諦めていた副業に、ぜひチャレンジしてみてください。

プロフィール
岩永ミカさん
岩永ミカさん
スマホケースブランド「ROSE WITH TOO」デザイナー。2013年、趣味で制作していた押し花スマホケースをフリマアプリやSNSを活用し、販売をスタート。2014年にトライしたクラウドファンディングによって、オリジナルブランド「ROSE WITH TOO」を立ち上げる。3人の子どもを育てながら、地元・福井のアトリエで日々作品作りに取り組んでいる。押し花スマホケースが2個作れる手作りキットも好評発売中!
 

副業もフリーランスも......個人で稼ぐ時代に大切な「お金」の知識

 

副業OKといった働き方の多様化など、今やフリーランスに限らず「個人」としても稼ぐ方法が浸透している時代。憧れているだけではなく、実際に個人で稼ぐときに気を付けるべきポイントを税理士の中野裕哲さんが解説……

 
こちらの記事もチェック
  
関連特集
  • ブレイク特集
facebook
twitter
line