2019.08.15

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎

2020年から小学校でプログラミング教育がスタート!新カリキュラムなので、どんな内容になるのか少し不安ですよね。そこで、小学生の子どもを持つ人気ブロガー・のばらさんが、ユーキャンの小学生向けプログラミング講座を監修した濱田大地さんにお話を伺いました。

  • ライフ
  • お役立ち
松岡茉優特集

そもそもプログラミングとは?なぜ小学校でプログラミング教育が始まるの?

のばらさん

……のばらさん
小学3年生と1年生の姉妹、2歳の息子の子育てに奮闘中のママブロガー。

濱田大地さん

……濱田大地さん
ユーキャンの小学生向けプログラミング講座を監修。子ども用プログラミング教材の開発に携わる他、プログラミング教室の講師も務めている。

のばらさん

実は、今回濱田さんにお話を伺うまで、2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることを知りませんでした。プログラミングって難しそうだし、授業内容も分からなくて……。子どもたちが授業についていけるか、ちょっと不安です。

濱田大地さん

必修化されると言っても、プログラミングという教科ができるわけではありません。国語や算数など、今ある教科の中でプログラミングを活用した授業が行われます。

のばらさん

えっ、そうなんですか?プログラミングって、パソコンの画面に英語や数字を打ち込むイメージがあります。そんな高度なこと、子どもたちにできるのかしら……?

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎
濱田大地さん

いえいえ、小学校ではそんな難しいことはやらないので安心してください。各教科の中で、楽しみながらプログラミングの考え方を体験して、理解を深めていく感じですね。

のばらさん

少しホッとしました……。ところで、そもそもプログラミングとはどういうものでしょうか?

濱田大地さん

簡単に言うと、コンピューターへの指示書を作る作業です。冷蔵庫や洗濯機などの家電をはじめ、さまざまな機械はコンピューターで制御されています。でも、コンピューターは指示されないと動きません。そこで、「まずAをして、次にBをする」とか、「こういう場合はこういう動きをする」とか、機械にさせたい作業を順序立てて考え、コンピューターに指示する必要があります。

のばらさん

指示書?順序立てて?難しい……(泣)。

濱田大地さん

もう少し具体的にご説明しましょう。例えば、洗濯機には「洗って→すすいで→脱水する」という動きがプログラミングされています。冷蔵庫にも、「庫内の温度が設定温度より高い場合は、パワーを上げて冷やす」という動きがプログラミングされているんですよ。

のばらさん

なるほど!

濱田大地さん

プログラミングの基礎となるのは、「物事を順序立てて考える力」です。小学校では、プログラミングやコンピューターに親しみながら、この力を養うことを目標にしています。

のばらさん

だんだん興味がわいてきました!実際には、どんな授業をするのでしょうか?

濱田大地さん

必修化を前に、すでにプログラミングの授業を行っている小学校もあります。子ども向けの「スクラッチ」というプログラミングソフトを使って授業をしている学校が多いですね。例えば算数なら、子どもたちがプログラムを作ってキャラクターを動かし、正方形を描いたりします。ちょっとお見せしましょう。

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎
濱田大地さん

画面には、「〇歩動かす」「〇度回す」など、キャラクターを動かすための指示が書かれたいろいろなブロックが表示されています。それぞれのブロックに、どんな指示を入れて、どの順番で並べれば、キャラクターに正方形を描かせることができるのかを考えます。

のばらさん

なんかゲームみたい!楽しそうですね。他の教科ではどんなことをやるんでしょうか?

濱田大地さん

「スクラッチ」は、キャラクターをいろいろ動かしたり、セリフを言わせたりすることもできます。国語では、物語をつくって、そのストーリーを画面で展開できるようなプログラミングを考える授業を行っている学校もあります。理科では、センサー付きのライトをプログラミングで操作するような、ちょっと実践的な授業をしている学校もあるんですよ。

のばらさん

いろいろなことをやるんですね。でも、どうして今、プログラミング教育を始めるんでしょう?

濱田大地さん

今の時代は、AIやロボット技術が発達して、社会が大きく変わろうとしています。コンピューターやプログラミングは、すでに私たちの生活と切り離せないものなので、小学生のうちから親しんで理解していくことが必要なんです。中学校では、すでにプログラミング教育が必修化されていて、2021年から、さらにプログラミングに関する新たな単元が追加されます。2022年からは高校でもプログラミング教育が必修化されます。

家庭でも実践できる!?プログラミングのプレ教育

のばらさん

濱田さんのお話を聞いて、小学校のプログラミング教育がどのようなものかが分かってきました。授業開始までに家庭でやっておいた方がいいことはありますか?

濱田大地さん

家庭でプログラミングに親しむ方法はいろいろあります。プログラミングについてやさしく解説している本がたくさんあるので、まずは親子で一緒に読んでみるところから始めてみてはいかがでしょう。また、テレビでプログラミングの番組があれば、それを観て学ぶのもいいですね。他にも、科学館や民間のプログラミング教室などでワークショップを行っているところもあります。子どもが興味を示したら、教室や通信講座を考えてみるのも一つの手です。

のばらさん

学校でプログラミング教育が始まったら、予習や復習は必要ですか?パソコンで何かソフトをやらせればいいのかしら……。

濱田大地さん

小学校ではプログラミングの初歩レベルのことしかやらないので、子どもたちが授業についていけなくなることは、ほとんどないのではないかと思います。もちろん、家にパソコンがあれば、学校で使っているのと同じソフトを体験してみるのもいいですね。ソフトといっても無料で使えるものがほとんどです。

のばらさん

でも、学校で習ってきた内容について子どもたちに聞かれても、私自身が答えられる自信がないかも……。

濱田大地さん

プログラミングは、大人も子どももほとんどやったことがないので、子どもの方が先にできるようになることはよくあるんです。教えるというよりも、一緒に考えたり、子どもが作ったものを褒めてあげたり、子どもの頑張りを応援してあげてください。

のばらさん

それなら私でもできそうです!

濱田大地さん

プログラミング教室に通う子どもたちを見ていると、みんなイキイキとして、楽しそうに取り組んでいます。あまり不安を感じる必要はないですし、みんな一緒のスタートだと思えば怖くないですよ。

これだけは知っておきたい!プログラミングの専門用語をやさしく解説

のばらさん

子どもと一緒にこれから楽しみながら学びたいと思いますが、一つ不安なことが……専門用語とか覚えないとダメでしょうか?

濱田大地さん

プログラミングの専門用語はたくさんあります。でも、小学校で覚えなければいけないものは、ほとんどありません。プログラミングの基本処理は、「順次」「繰り返し」「条件分岐」の3つしかないので、小学生はこれらを理解しておけば十分です。

のばらさん

3つだけでいいんですね!しかも日本語だ(笑)。

濱田大地さん

コンピューターは、指示されたプログラムを上から順番に実行していくという性質があります。これを「順次」と言います。私たちの生活でも、例えば「家に帰る→手を洗う→おやつを食べる」という順序がありますよね。

のばらさん

ふむふむ。

濱田大地さん

これが、もし、「家に帰る→おやつを食べる→手を洗う」という順番だとおかしいですよね。プログラミングを考えるときも、どういう順番で指示を出せば、コンピューターがちゃんと動いてくれるのかということを考える必要があります。

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎
濱田大地さん

「繰り返し」は、コンピューターが同じことを一定回数繰り返すことを言います。例えば、「ド→レ→ミと音を鳴らすことを10回繰り返す」というプログラミングをすると、コンピューターはその通り実行します。

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎
濱田大地さん

「条件分岐」は、条件によって動作を切り替える指示のことです。例えばセンサー付きライトの中には、「周りが暗くなったらライトをつける。周りが明るくなったらライトを消す」といったプログラミングがされているものがあります。

子どもに聞かれても大丈夫!プログラミング教育の基礎の基礎
濱田大地さん

どれも難しいことではなくて、自分たちが生活の中で行っていることをコンピューターへの指示に当てはめる感じです。小学校で使うプログラミングは、この3つの組み合わせだけですから、誰でも楽しく取り組めると思いますよ。

のばらさん

すごい分かりやすい!プログラミング教育なんて、不安ばかりでしたが、これなら私も子どもたちもできそうです!

親子で楽しくプログラミングの基礎を学ぼう!

「私自身、コンピューターに苦手意識があるので、プログラミング教育が始まったら、子どもに『頑張りなさい』と言う自信がないなと感じていました。でも、濱田さんにいろいろなことを伺って、プログラミングは身近なものなんだと感じました。まずは、親子で科学館に行ってみたりしながら、プログラミングとはどういうものかを知るところから始めたいと思います。きっと子どもたちの方が抵抗なく楽しんで、大人よりもプログラミングのことをどんどん吸収していく気がします。私は、子どもに教えてもらうぐらいの気持ちで、一緒に楽しく学んでいければいいなと思っています」(のばらさん)

のばらさんは、プログラミング教育についての不安が少し解消されたようですね。みなさんも親子で楽しくプログラミングの基礎を学んで、2020年の授業開始に備えましょう!

プロフィール
濱田大地さん
濱田大地さん
株式会社アーテックのプログラミング教材クリエイターとして、ユーキャンの小学生向け学習教材『はじめてのプログラミング講座』を監修。全国に1,000教室以上を展開するロボットプログラミング教室の学習カリキュラムを開発し、自らも講師として子どもたちにプログラミングを教えている。
イラストレータープロフィール
のばらさん
のばらさん
イラストレーター・漫画家。好きな食べ物は湯葉とナマモノ。3人姉弟の母として育児漫画を中心にWebや誌面で活躍。著書『キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~』(KADOKAWA)も発売中。

子どもに「正しい自信」をつける方法とは?12歳までに「自信ぐせ」をつけよう

「子どもに『正しい自信』をつけるには、まずお母さんが自信を持つことが大事!」と提唱する楠本佳子さん。塾講師としての、そしてご自身の子育ての経験から、子どもに「自信ぐせ」をつける方法を教えていただきまし……

こちらの記事もチェック
関連特集
  • お役立ち特集
オススメの特集
  • 松岡茉優特集
  • 吉瀬美智子特集
  • オードリー春日俊彰特集
facebook
twitter
line
松岡茉優特集
吉瀬美智子特集
オードリー春日特集

「論理的思考力」や「問題解決力」が自然に身につく!

はじめてのプログラミング講座

子どもに習わせたい習い事で上位に入るなど、いま注目を集めているのが「プログラミング教育」。 ソースコードの記述やソフトウェア開発といったパソコンのプログラマーになるための教育ではなく、プログラミング的な思考力を養うことを目的とした教育です。
資料請求する
詳細を見る

最近チェックした記事

    あなたにオススメの記事