学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.11.25

一般・医療・調剤薬局事務...女性に人気の職業、事務職のいろいろ

女性に人気な職業のひとつ、事務。事務職は長く働くことができて比較的残業も少ないため、女性にとって働きやすい仕事だといわれています。また、一般事務、医療事務などさまざまな種類があるのも事務職の特徴です。
そこで今回は、代表的な事務職についてご紹介します。

  • シゴト
  • お役立ち

一般事務

電話対応や来客対応、書類や伝票の作成・管理などが主な仕事です。一般事務の場合、特に専門的な知識や資格は必要ありませんが、社内のあらゆる事務作業に精通している必要があります。また、さまざまな会社・団体・組織から求人が出ており、活躍できる業界はかなり幅広いといえます。
資格や経験を問われないことが多いですが、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト) などで、基本的なパソコンスキル(Excel、Word)を身につけておくと便利です。簿記検定 TOEIC(R)テストなどのスキルがあれば、さらに活躍の場が広がるでしょう。

⇒MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)講座はコチラ

⇒簿記3級講座はコチラ

⇒TOEIC(R)講座はコチラ

営業事務

企業の営業担当者のサポート役で、電話対応や来客対応、書類や伝票の作成・管理などが主な仕事です。業務内容は一般事務と似ていますが、営業担当者や顧客とのやり取りが多いことから、さまざまな人と関わることが多いという特徴があります。迅速な対応の他に、コミュニケーションスキルやビジネスマナーも求められます。

⇒コミュニケーション・スキルアップ講座はコチラ

医療事務

医療事務は、病院や診療所などで医療に関する専門的な事務を行います。レセプト(診療報酬明細書)作成を中心に、来院する患者さんとの窓口対応やカルテの管理など通常事務を行います。
資格は必須ではありませんが、専門知識や業務の幅広さからさまざまな資格・検定があるため、獲得したいスキル、磨きたいスキルに合わせた資格を取得する方もいます。

⇒医療事務講座はコチラ

調剤薬局事務

調剤薬局事務は、調剤薬局で薬剤師のサポートをし、処方箋の受付や会計、薬歴簿の管理、レセプト(調剤報酬明細書)作成などの事務全般を行います。医療事務と同じく資格は必須ではありませんが、薬剤に関する専門的な知識が求められます。資格を取る場合は、「調剤事務管理士」や「調剤報酬請求事務専門士」など、ニーズに応じて取得することをオススメします。
また、事務といってもデスクワークがメインの仕事ではないため、コミュニケーションスキルも必要です。

⇒調剤薬局事務講座はコチラ

介護事務

福祉施設やグループホーム、介護サービス施設などに勤務する事務職です。介護報酬請求業務(レセプト作成)や受付業務、ケアマネジャーの補佐などを行い、基本的には介護の仕事をすることはありません。介護事務は一般事務と異なり、介護保険制度などの専門知識が必要となるため、事前に勉強をしておく必要があります。また、資格は必須ではありませんが、取得することで介護保険や介護報酬請求業務など専門知識を身につけることができます。

⇒介護事務講座はコチラ

パラリーガル(法律事務)

弁護士の指導・監督の下、サポート役としてクライアントへの事前聴取などの応接、裁判所などへ提出する書類の作成、裁判所での弁論記録、各種調査などを行います。弁護士に同行・同席することも多く、外出の機会も多いのが特徴です。また、勤務先の規模によっては弁護士のスケジュール管理など、秘書的な役割も任される場合もあります。
パラリーガルとして働くのに、特別な学歴や資格は特に必要ありません。勤務は法律事務所が一般的ですが、司法書士行政書士事務所や企業の法務部で働く人も増えてきています。

特許事務

知的財産に対する特許制度に関する事務職です。業務内容は勤務先によって異なりますが、特許事務所や弁理事務所の場合、主な仕事は特許出願手続きとなります。メーカーの場合は、自社商品・他社商品が知的財産権を侵害していないか、調査のサポートを行います。未経験でも働くことは可能ですが、パソコンスキルの他に、知的財産管理技能士の資格を取得するなどして、基本知識を学んでおくことが望ましいでしょう。外国企業とのやり取りもあるため、英語など語学スキルなどが求められる場合もあります。

将来の自分のキャリア像に合った事務職を選ぼう

事務職は、業務の先回りやサポートなど、職場を支える縁の下の力持ちのような仕事です。 目立つ仕事ではありませんが、周りから感謝されることも多いため、十分やりがいを感じられるでしょう。
また、今回ご紹介した以外にも事務職はたくさんあります。将来どのようにキャリアアップしていきたいか考え、自分に合った事務職を選ぶと良いでしょう。

今、女性が取るべき資格とは?人気ランキングTOP5と、合格者の声から考える

事務職をはじめ、自分が希望する職種に就こうとしたとき、その分野の資格を有しているということは大きな武器となります。たとえば、結婚や出産でブランクがあり就職活動に自信が持てない……という方は、まず資格を取得した上で、採用試験に臨むのもいいかもしれません。 そこで今回は、ユーキャンで女性に人気の資格TOP5をご紹介。見事合格を勝ち取ったOB・OGの声もあわせてご紹介します。

続きを読む

関連特集
  • お役立ち特集
facebook
twitter
line