2018.05.08

共働き家庭を大調査!夫婦の家事分担の割合って?

共働き家庭を大調査!夫婦の家事分担の割合って?

女性の社会進出が進み、今や一般的となった共働き。しかし夫婦ともに働いていると、家事をどちらがどのくらいするかで喧嘩になる......なんてこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、共働き夫婦の家事事情を調査!20代~40代の共働き家庭の男女を対象に、家事分担についてのアンケートを行いました。

  • ライフ

男女で負担を感じる度合が違う!?共働き夫婦の家事事情

共働き家庭の男女に、「家庭での夫婦の家事分担の割合はどれくらいですか?」と質問したところ、実に70%以上が「家事の7割以上を妻が負担している」と答えるという結果に!

共働き家庭の、夫婦の家事分担

さらに興味深いのが、そう答えた割合はとくに妻側が多く、夫側は「半々で負担している」と答えている割合がやや多いこと。夫は家事に積極的に参加していると思っていても、妻はまだまだ足りていないと感じている、そんなジレンマが表れているのかも……!?

共働き家庭の、夫婦の家事分担
共働き家庭の、夫婦の家事分担

やっぱり妻が負担大?3パターンから見るリアルな家事分担

やっぱり妻が負担大?3パターンから見るリアルな家事分担

では、共働き夫婦は具体的にどのように家事分担を行っているのでしょうか?それぞれの家庭の家事状況について聞いてみました。

きっちり分担。担当制パターン

  • 「洗濯や掃除などは妻。ゴミ出しや、お風呂とトイレの掃除は夫」(40代女性)
  • 「お風呂掃除とゴミ捨ては夫で、それ以外は妻。土日は夫もできるだけ家事に参加する」(30代男性)

男女ともに最も多く見られたのが、「これとこれは夫で、あとは妻が行う」という回答。家事の種類でざっくり担当を決めておくパターンですが、「夫ができることを決めて、それ以外は妻がカバーする」という、どちらかというと妻主体の家事分担と言えそうです。

生活や環境に合わせる、柔軟パターン

  • 「朝ごはんの支度は妻、息子の着替えや食事は夫。息子の送り迎えは半々くらいで行けるほうが行く。お風呂を洗うのは最後に入ったほうがやる」(20代女性)
  • 「早く帰るほうが食事の用意をし、後片付けはその反対の者がする。ゴミ出しは夫、洗濯物は妻」(40代女性)

次に多かったのがこちらのパターン。ある程度どちらの担当か決まった家事がありつつも、仕事やライフスタイルに合わせて臨機応変にこなすタイプです。相手を気遣う気持ちと、こまめな連絡がスムーズな家事分担の鍵になりそうですね。

妻にほぼおまかせ!夫非協力パターン

  • 「料理は妻、トイレ掃除は妻、掃除は妻」(40代女性)
  • 「入浴前のお風呂の浴槽掃除とゴミ捨ては夫。あとは夫が気分の良い時は洗い物や洗濯をすることも……。それ以外はすべて妻」(20代女性)

一方で見逃せないのが、妻に多くの負担がかかっている家事パターン。これでは妻の不満は爆発寸前……!事実、「現在の家事分担の満足度」について調査したところ、男性はおよそ6割が「とても満足している」、「まあまあ満足している」と答えたのに対し、女性はおよそ5割にとどまりました。とくに40代女性の「とても満足している」割合は5.4%と全体で最も低く、心身の健康のためにも、積極的な家事分担が必要な状況のようです。

共働き家庭の、夫婦の家事分担
共働き家庭の、夫婦の家事分担

永遠の課題!夫婦の家事分担はどうやって決めるべき?

永遠の課題!夫婦の家事分担はどうやって決めるべき?

まだまだ家事は女性に負担がかかりがちだということが分かった今回の調査。家事は毎日のことだけに、喧嘩の種になりかねませんよね。そこで最後は、気持ち良く家事分担をして夫婦円満でいるためのコツを、All About夫婦関係ガイドの三松真由美さんに教えていただきました。

三松さんいわく、共働き夫婦が家事分担をする際に最も大事なことは「お互いの仕事や生活環境に配慮すること」だそうです。

「どちらが朝早く出て行くのかとか残業はあるのかといった、お互いの仕事や生活スタイルをまずは把握することが大事です。そのうえで『毎週水曜日は僕が早く帰れるから料理と洗濯は僕がするよ』などと決めると、喧嘩が起こりにくいと思います」(三松さん)

ただし、「早く帰れたほうが多く家事をしようね」といった、曖昧な分担の仕方は避けたほうが良いとのこと。

「男性は具体性を好むもの。曖昧な分担だと、結局何をやって良いか分からず最終的に妻任せになってしまう場合があるので、あらかじめ担当を決めたほうが良いですね。また、家事の種類よりも、好きか嫌いかで分担を決めると良いです。お互いに得意な家事と苦手な家事があると思うので、お互いが好きな家事を担当すると上手くいきます」(三松さん)

それでは、アンケートでも多かった、家事にあまり積極的でない夫をやる気にさせるためにはどうしたら良いのでしょうか?三松さんによると、家事に消極的な夫には2つのタイプがあり、1つはズボラタイプ、もう1つはやり方や道具の場所が分からないタイプだと言います。

「いずれのタイプも、成功のコツは可視化することにあります。ズボラタイプならご褒美方式がおすすめですね。家事表を作って冷蔵庫に貼っておいて10個クリアしたら晩酌のつまみが一品増えるとか、ゲームにしてしまうと意外とノリノリでやる夫も多いですよ。
一方で、分からないからできないというタイプには『家事の地図』を作ってあげましょう。掃除道具はここ、調味料はここ、というように。料理も、レシピを書いてあげると良いですね。たとえば5つレパートリーをもってもらって、『今日は遅くなるから2番の生姜焼きを作っておいてほしいな』と具体的に指示をすると、こなせるようになります」(三松さん)

また、円満な家事分担の秘訣は、「お互いが家事をすることを当たり前だと思わないこと」だと言う三松さん。

「料理を作ってくれてありがとう、掃除してくれて嬉しい、というように、具体的に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう」(三松さん)

基本的なことですが、毎日一緒にいるとつい忘れがちな感謝の気持ち。お互いを思いやる気持ちを大切にしながら、仕事と家事を上手に両立させていきたいですね!

整理収納アドバイザー講座へのリンク

お掃除スペシャリスト講座へのリンク

はじめての家庭料理講座へのリンク

Text:大西マリコ
取材協力
三松真由美(みまつまゆみ)さん
会員1万3千名を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」を運営し、夫婦仲の改善、セックスレス対処法ED予防法を真剣に考える夫婦仲コメンテーター。All About「夫婦関係」ガイドも務める。 的確なアドバイスにファンが多く、マスコミ取材や著書の執筆、講演多数。

夫婦で楽しめる共通の趣味はこれだ!夫婦の時間のつくり方

夫婦のすれ違いを感じることはありませんか。新婚の頃は「今度の休みは何をしようか」と二人で一緒にいようとしていたのに、最近はどうでしょう。「あなたはスポーツジムに行くのね。じゃあ私は靴を買いに出かけるわ……

こちらの記事もチェック
関連特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
  • 実用ボールペン字講座で美文字に!石原良純特集
facebook
twitter
line
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
  • 実用ボールペン字講座で美文字に!石原良純特集

これであなたも片づけ上手に!

整理収納アドバイザー講座

整理収納アドバイザー講座
「お片付け上手」になって毎日を気持ちよく!近年注目を集める資格です。ユーキャンなら講座修了で2級資格認定!断捨離やシンプルライフにご興味のある方におすすめです。
資料請求する
詳細を見る
別窓で開く

お掃除の基本とコツがやさしく身につく!

お掃除スペシャリスト講座

お掃除スペシャリスト講座
プロの視点から生まれたお掃除メソッドを学んで、家中ピカピカに。「クリンネスト1級」資格が在宅で取得可能です。
資料請求する
詳細を見る
別窓で開く

最近チェックした記事

    あなたにオススメの記事