学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2017.02.02

フレンチカントリーでインテリアコーディネート!家具やカーテンの選び方

アンティーク素材を取り入れた、シンプルだけどやさしい雰囲気のフレンチカントリーインテリアは女性に大人気のスタイルです。
今回は、部屋をフレンチカントリーでインテリアコーディネートするための、家具やカーテンの選び方をご紹介します。

  • ライフ

フレンチカントリーインテリアってどんなもの?

フレンチカントリーインテリアとは、どんなものなのでしょうか?カントリー風のインテリアには、フレンチカントリー以外にも、アメリカンカントリーやブリティッシュカントリーなどのさまざまな種類があります。
そもそも、これらのカントリーインテリアは、素朴な雰囲気と自然素材の家具や雑貨が特徴的なインテリアスタイル。家具はパイン材をメインとしたオイルフィニッシュ(※)の木製家具(カントリー家具と呼ばれることがあります)が多く、柳や籐でできたバスケットのように、自然素材を使用した収納小物もよく使われます。
※「オイル塗料」と呼ばれる塗料を木材の表面に塗り、浸透させて仕上げる塗装方法

フレンチカントリーでも、パイン材を使用したオイルフィニッシュの木製家具や、自然素材でできたバスケットを使います。しかし、アメリカやイギリスのカントリーインテリアとは異なる特徴があります。
例えば、家具の色。アメリカやイギリスのカントリー家具の多くは、木材の色を活かしたオイル塗装が施されています。一方フレンチカントリーは、家具全体、または一部が白いオイル塗料で塗装されたものが多く見られます。木目がうっすらと見える塗装のため、素朴さを残しつつも、エレガントでフェミニンな雰囲気を感じさせてくれます。

フレンチカントリーのベースカラーはホワイト

フレンチカントリーのベースカラーは、なんと言ってもホワイトです。壁、天井、窓枠、床、家具、カーテンなどは、まずホワイトをベースに配色しましょう。一口にホワイトと言っても、薄いベージュ、クリーム、オフホワイト、バニラなど、さまざまな種類があります。これらのホワイトを使い分けて単調感をなくすことが、シンプルで清潔感のあるフレンチカントリーコーディネートの第一歩です。

しかし、一般的な日本の住宅では床や窓枠まで白いということはあまりないでしょう。そのような場合は、床の一部にホワイト系のカーペットやラグを敷いたり、窓に長めの白いカーテンを取り付けたりしてはいかがでしょうか。そうすれば、十分フレンチカントリーのベース作りができます。

柔らかな曲線を多用した家具や雑貨を選ぼう

テーブルや椅子などの家具は、角が丸いものや猫脚など、曲線のあるものを選びましょう。ライトは、優雅な曲線を利用したシャンデリアがオススメです。

花瓶や写真立てなどの小物も、丸みを帯びたものを置くと柔らかくて女性らしい印象を与えてくれるでしょう。また、ホワイト以外のパステルカラーでアクセントを取り入れることも効果的です。

フレンチカントリーにぴったりのカーテン

ホワイトをベースにしたフレンチカントリーには、レースカーテンや小花柄のカーテンがよく合います。カーテンの色は、ホワイトやベージュ、クリーム、ライトグレー、ライトブルー、ラベンダーなど、柔らかい色がオススメです。フレンチカントリーの持つ、やさしくて素朴な雰囲気にマッチするでしょう。

カーテンの結び方を工夫してゆるふわ感を出したり、レースやフレアのカフェカーテンで曲線を作ったりすることで、さらにフレンチカントリーの雰囲気に近づけられます。日本の住宅に多いアルミサッシの窓枠が、「フレンチカントリーに合わない」と感じる場合は、ぜひ試してみてください。

フレンチカントリーに大切な要素を押さえよう

フレンチカントリーに大切な要素は、ホワイトカラー、素朴な雰囲気を残しつつもエレガントな家具、レースカーテンや柔らかい色合いのカーテンです。

この記事を参考に、ぜひ素敵なフレンチカントリーなインテリアコーディネートにチャレンジしてみてください。

カフェ風のインテリアが好き!という方は必見。カフェ風コーディネートのポイントとは?

この記事のキーワード この記事のキーワード

オススメの特集 オススメの特集
facebook
twitter
line