マナトピ

学びのトピック、盛りだくさん。

  • facebook
  • twitter

2016.04.26

美しい日本語で内面から女子力アップ♪言葉遣いを直す方法

女子力アップを目指して、エステや美容院などにお金と時間を掛けている人はたくさんいると思います。しかし、見た目の美しさだけでなく、内面からきれいになることも大切!
今回は、言葉遣いを直す方法についてご紹介します。

  • ライフ
  • 特集

読書をする

自分では気付かないうちに言葉遣いが悪くなっている…ということは多いと思います。その原因としては、日本語をインプットするための媒体が、テレビやネット中心になっていることが考えられます。
良質なインプットなくして良質なアウトプットは行えません。美しい日本語を使いこなすためにも、自分の中に美しい日本語をたくさん取り入れましょう。

その方法の1つが読書です。
読書といっても、どんな本でも良いわけではありません。中には日本語が美しいとはいえない本もあるため注意しましょう。

おすすめは「日本語のお手本」ともいえる純文学作品です。文豪たちが操る美しい日本語をたくさんインプットすることにより、言葉の引き出しを増やすことができるでしょう。

憧れの人になりきる

「あんな風になりたい!」と思う女性がいる場合、その人になりきって話すことも言葉遣いを直す方法の1つです。
友人や会社の先輩など、お手本となる女性がいれば積極的に参考にしましょう。身近にいる人だけでなく、映画に出ている女優や、漫画の登場人物などを参考にしても構いません。

憧れの人になりきる際のポイントは、思ったことをすぐ口に出すのではなく、まずはいったんブレーキを掛けること。その後、頭の中で「憧れのあの人だったらどうやって話すかな?」と考え、理想の人物になりきって言葉を選ぶようにしてみましょう。

客観的にチェックしてもらう

自分では正しい日本語を使っていると思っていても、他人から見るとそうではない場合があります。残念なことに、言葉遣いがあまり美しいとはいえない人の多くは、そのことに対して無自覚なのです。

また、近年は、正しい言葉遣いができていない女性が増えているといわれています。言葉遣いが悪いと相手に与える印象も悪くなってしまいますよね。そうなってしまわないように、そして女子力アップのためにも、美しい日本語が使えるようにしましょう。

言葉遣いを直すためには、自分の言葉遣いを客観的に見直すことが大切です。家族や友人など身近にいる人にお願いして、自分の言葉遣いをチェックしてもらいましょう。
客観的に問題点を指摘してもらうことによって、自分では気付けなかった改善点を見つけることができます。

フォーマルな場に顔を出す

美しい日本語をインプットしたら、うまくアウトプットできるよう練習する必要があります。そのためには、美しい言葉遣いが要求されるような場に積極的に顔を出すのがおすすめ。
飲み会や合コンなどのカジュアルな場ではなく、フォーマルなパーティーなどに参加してみてはいかがでしょうか?
ドレスコードが指定されているようなカッチリとした場では、必然的に美しい日本語で会話しなくてはなりません。

言葉遣いは、使えば使うほど自分のものにすることができます。美しい日本語をある程度インプットしたら、実践できる場を意識的に増やして定着させましょう!

おわりに

言葉遣い1つで人の印象はガラっと変わります。女子力アップのためにも、美しい日本語で会話するよう心掛けてみてはいかがでしょうか。
言葉遣いを直すための方法としては、やはりまずは読書から。美しい日本語で書かれた文学作品を読んで、美しい日本語をたくさんインプットしましょう。

また、ユーキャンの「話し方講座」の利用もおすすめです。1日15分のレッスンを3ヵ月続けることで、上手な「話し方」を習得することができますよ。

脱! 「させていただく」症候群 本当に正しい敬語を使っていますか!?

日本語の中でも、特に間違って使ってしまう人が多いのが「敬語」。たとえば「おっしゃられる」という表現を耳にしたことはありませんか? 実はこれ、間違った敬語なのです。 正しい敬語を身につけて、美しい言葉遣いにさらに磨きをかけましょう!

続きを読む


●同じ特集の記事をチェック

今さら聞けない!常識・マナー特集

「和食のマナー」「冠婚葬祭の常識」「季節の行事」……あなたはどのくらい知っていますか?
ここでは、今さら聞けない一般常識から、知っておくことで生活がちょっぴり豊かになる季節の行事まで、生活の中の「お役立ち情報」をお届けします。

facebook
twitter
line