学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2017.02.10

経理の仕事に就きたいならこの資格!おすすめの資格一覧

企業のお金を管理する経理や財務の仕事は、さまざまな職種の中でも特に資格が力を発揮する仕事のひとつです。それでは、就・転職をしたり、キャリアアップを目指したりするのに、具体的に役立つ資格は何なのでしょうか?ここでは実務に役立つ、オススメの資格をご紹介します。

  • シゴト

その1:簿記

簿記は、企業のお金の流れを計算して整理・記録し、財政状況を明らかにするための資格です。企業の経理業務に必要不可欠な会計知識が身に付くため、経理職において大変重要視されており、実際に経理職の求人では、応募条件に「簿記資格取得者」を掲げているケースが多く見られます。

簿記3級講座へのリンク

その2:ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーの仕事を一言で言うと、お客様(クライアント)の希望に添ってファイナンス(資金・金融)面をプラン(計画)し、提案することだと言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーが扱う範囲は、投資やローン、不動産、相続、節税といった税金対策など、実に幅広いのが特徴です。そのため、資格を取得しておけば、経理業務だけではなく、銀行・証券・保険などの金融機関での仕事や、住宅メーカー・不動産仲介業での仕事などでも活躍することができます。

ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士(1級、2級、3級)と、民間資格であるAFP、CFPの2つがあります。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座へのリンク

その3:税理士

税理士の資格があると、中小企業や個人事業主、不動産オーナーなどを対象に、税務の代行や節税のアドバイス、財務面の指導などを行うことができます。法知識を駆使して、いかにして必要な融資を受けたり、お金を残したりできるかが、税理士の腕の見せ所といえます。

また、企業で経理として働く場合も、税務の知識は経理業務を行う上で役に立つため、就・転職の際に評価されることがあります。

その4:公認会計士

公認会計士の資格は、医師や弁護士と並んで三大国家資格のひとつといわれることが多く、難関国家資格の代表格ともいえます。税理士の仕事が、クライアント側に立って税務対策を行うことであるのに対して、公認会計士の仕事は第三者の立場に立って会計の適法性を監査することです。

公認会計士は、会計実務の知識を持っていることが資格によって証明されているため、企業にとって即戦力となり得ます。自社の会計の適法性を注視しつつ会計実務をこなすことができるため、公認会計士の資格は経理の仕事において強力な武器になるでしょう。

その5:国際会計検定(BATIC)

企業の海外進出とともに、日本の企業においても親会社が外国資本であるケースが増えてきました。国際社会で活躍していく上で、国際会計検定(BATIC)に代表される英文会計簿記の知識は有利になります。国際会計検定(BATIC)には英文簿記と国際会計理論の2つがあり、合否ではなくスコアで採点する形式になっています。

その6:FASS検定

FASS検定とは、経理財務に関するスキルアップを目的とした、経済産業省が推進する検定です。検定の学習内容が実用性、客観性や信頼性、利便性にすぐれているため、経理・財務の実務レベルを判断する材料として有効であるとされています。FASS検定も国際会計検定(BATIC)と同様、合否ではなくスコアで5段階のレベルでスキル評価をします。

まずは取得しやすく応用の利く資格からチャレンジ

今回ご紹介した資格のうち、特に簿記とファイナンシャルプランナーは知名度が高く、比較的取得しやすい資格であるといえます。経理の仕事に就きたい場合や、経理としての能力を伸ばしたいなら、このような資格からチャレンジしてみましょう。

簿記3級講座へのリンク

ファイナンシャルプランナー(FP)講座へのリンク

まずは基礎的な知識を身につけ、専門性を高めるために、難易度の高い国家資格や、国際会計検定へとステップアップしていくのがオススメです。これらの資格を取得するためには、独学の他にも、通信講座やスクールを利用するなど効率的に学習する方法もあります。ぜひ、自分に合った学習方法を探してみてください!

今さら聞けない「簿記」の資格。持っているとどんな仕事につながる?

今さら聞けない定番資格、「簿記」。よく耳にする資格の1つで、どんな仕事にも役立つようなイメージですが、実は詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。改めて簿記検定について、どんな勉強をするのか……

こちらの記事もチェック
関連特集
facebook
twitter
line