2016.02.10

勉強の息抜きは「ココア」がいい!ココアのスゴい力とは?

勉強や会議で息詰まったとき、濃いめのコーヒーを飲んで気合いを入れていませんか? 実はそんなとき、コーヒーよりも「ココア」を選ぶのが正解かも。今回は、ココアに秘められた魅力について、一般社団法人日本スーパーフード協会で講師を務める鈴木絢子さんが解説します。

  • ライフ
  • 特集

「ココア」が勉強の息抜きに良いワケ

ココアの原料といえば、スーパーフードとしても今世界中のセレブから注目されている「カカオ」。その昔、アステカ帝国でカカオは貨幣や医薬品としても重宝された貴重なものでした。カカオには、集中力や思考力を高め、脳を活性化する「テオブロミン」が含まれているだけでなく、気分を高揚させ、前向きな気持ちにさせてくれる「フェニルエチルアミン」という成分も含まれています。脳を活性化する成分を含み、頭をスッキリさせる効果もあるため、勉強中や仕事中に気分を変えたいときにはココアがピッタリなのです。また、ココアはコーヒーと違いカフェインを含まないので、睡眠前に飲んでも問題ありません。

ほかにもいっぱい!「カカオ」のスゴいところ

ココアに含まれるカカオには、様々な美容健康効果があります。抗酸化作用を持つ「カカオポリフェノール」は、エイジングケアに役立つことでも有名。チョコレートやココアと言うと「太る」イメージが強いようですが、カカオポリフェノールには代謝を高める効果があり、ダイエット効果も得られます。また、「リグニン」と呼ばれる不溶性食物繊維が含まれていることから、便秘解消にも役立ちます。もちろん摂り過ぎはNGですが、適量であれば美容・健康・ダイエットに効果的な万能フードなのです。

チョコレートではなく「ココア」が良い理由

チョコレートとココアの違いは、カカオバターの含有量。製造過程でカカオバターが取り除かれたものが粉末のココアになります。脂質であるカカオバターがチョコレートには多く含まれているので、その分カロリーもアップ。その点、ココアの方がヘルシーだと言えます。

そのため、息抜きとして習慣的に飲むには「ココア」がオススメ。寒いこの時期には体も温められて一石二鳥です。よりヘルシーにココアの効果を得るためにも、カカオの含有量が高く、砂糖や乳製品が含まれないカロリーが控えめな「純(ピュア)ココア」を選んでくださいね。

【執筆者プロフィール】

鈴木絢子(すずきあやこ):学生時代から美容ライターとして活動。美容外科・化粧品会社の広報を経て、広告代理店でライター専門の部署を設立。美容・コスメ・健康食品等コンサルティングで関わった企業は500社以上。美容番組MC、雑誌美容ライター、美容や食関連のコラム執筆、化粧品プロデュース、メディア出演など、多方面で活動中。



スーパーフードのプロ愛用!
今注目は「おいも」のチカラ!?

カカオをはじめ、いま話題のスーパーフード。海外セレブやモデルにも注目され話題となったアサイーやココナッツは知っている人も多いのでは?
そんな中、一般社団法人日本スーパーフード協会でビューティースーパーフードマイスター・講師を務める鈴木絢子さんが、実際に愛用しているスーパーフードは「おいも」!「おいも」が注目されている理由とは……

続きを読む


●同じ特集の記事をチェック

ちょっと一息特集

ずっとがんばり続けることはできないから。お気に入りの香りで、音楽で、ちょっと一息つきませんか?
ここでは学習に疲れたときに見てほしい、気分転換に役立つ記事を集めました。きっとあなたの、お気に入りのリフレッシュ方法が見つかるはず。

関連特集
  • ちょっと一息特集特集
  • 特集特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
  • 実用ボールペン字講座で美文字に!石原良純特集
facebook
twitter
line