学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.08.05

コーヒー豆は鮮度が命! プロが教えるコーヒー豆の保存方法

美味しいコーヒーを飲むには「淹れ方」が重要だと思われがちですが、実は豆の鮮度も大事なポイント。きちんと豆の鮮度を保ちたいなら、適切な保存方法を知ることが大切です。そこで今回は、『UCCコーヒーアカデミー』の講師に正しい保存方法をお伺いしました!

  • お役立ち
  • 特集

【ステップ1】美味しいコーヒーを淹れるために、
まずは鮮度のよい豆を手に入れよう

美味しいコーヒーの秘訣は、コーヒー豆を選ぶところから始まります。コーヒー豆を購入する時点ですでに鮮度が悪いと、購入後にどんなに良い状態で保存しても、豆の鮮度を良くすることはできません。ですが、鮮度の良し悪しを見分ける方法はあるのでしょうか?

実は、焙煎された豆の鮮度を見た目だけで判別するのは、プロの目をもってしても至難の業。
しかし、試しにコーヒーを淹れてみると、その豆の鮮度が分かります。お湯を注いで粉がふんわりと膨らんだら、鮮度が保てている証拠。逆にあまり膨らまない場合は、コーヒー豆からガスが抜けて酸素や湿気を取り込み、劣化している可能性が高いです。
そのため、豆を購入する際は、試飲のできる専門店がおすすめです。しっかりと豆が膨らむことを確認してから購入するといいですよ。

【ステップ2】保存は袋のまま? 容器に移す?

コーヒー豆は、紫外線や高温多湿な場所に弱い上、空気に触れると酸化が早まるなど劣化しやすいデリケートな食品です。そのため、取り扱いには十分気をつけたいもの。
それでは、「鮮度を保ちながら保存」するためには、「袋のまま保存する」「別の保存容器に移す」のどちらが正しいのでしょうか。

正解は、「別の保存容器に移す」です。

チャック付きポリ袋などの密封できる袋に、コーヒー豆や粉を1回の分量ずつ小分けにして、冷蔵庫や冷凍庫で保存すると一番鮮度を保てます。1杯分約12gを目安に、あらかじめ使う人数分ごとに分けておくといいでしょう。また、取り出した分は一度で使い切ってください。
それが手間な場合は、購入した袋ごとキャニスターなどの密封容器に保存しましょう。密封容器に入れる場合は、陶器などの光を通さない容器の方が、よりおすすめです。

ちなみに、市販品の中ではドリップバッグコーヒーが保存に優れています。1杯分ずつパッケージされているので、いつでも手軽に美味しいコーヒーを楽しめるのが特徴です。

【ステップ3】コーヒー豆は冷凍庫? 冷蔵庫?

別の保存容器に移したコーヒー豆は、一体どこで保存すればよいのでしょうか。

コーヒー豆は、紫外線や高温多湿な場所に弱いので、冷凍庫にしまうのがベストです。焙煎したコーヒー豆には水分がほとんど含まれていないので、凍る心配もありません。また、暗く温度の低い場所ほど豆の鮮度を保てるので、冷凍庫は長期保存に向いています。
ただし、一度取り出した豆は結露ができて劣化につながってしまうため、再び冷凍庫に戻すことはやめましょう。先述したように、使う分量だけ小分けにして保存しておくと便利です。

一方、冷蔵庫は常温よりも保存場所として適していますが、ニオイ移りの心配があります。
「コーヒー豆には消臭効果がある」といわれているように、きちんと密封していないと、庫内の食品のニオイをコーヒー豆が吸収してしまいます。これでは、せっかくのコーヒーの風味が台無しになってしまい、もったいないですよね。このような理由から、冷蔵庫で保存する場合は、密封できる容器に入れて保存するといいでしょう。

正しい知識を身に付けて、
お家で美味しいコーヒーを楽しもう

正しい方法で豆を保存しておけば、美味しいコーヒーを淹れる準備は万端。ぜひ正しい知識を取り入れて、より鮮度を保つための保存方法を実践してくださいね。

ところで、美味しいコーヒーを淹れるために、知っておきたいテクニックをご存じですか? 実はポイントさえ押さえれば、だれでも美味しいコーヒーを自宅で楽しめるようになるんです。そんな願いを叶えてくれるのが『UCC匠の珈琲講座』。

日本で唯一のコーヒー専門教育機関「UCCコーヒーアカデミー」監修のこの講座では、ペーパードリップを使用した基本的なコーヒーの淹れ方や、豆の保存方法や産地などに関する基礎知識、スイーツや食事とのマリアージュ、ブレンドの方法までを幅広く学ぶことができます。課題や提出物を通じて現役の講師が丁寧に指導してくれるので、独学よりも深く学べるのも魅力のひとつ。さらに、一定の課題をクリアして講座を修了すると、UCCコーヒーアカデミー公認の「UCCドリップマスター」の称号を得られます。正しい知識とノウハウを身につけて、お家カフェを楽しんでみてはいかがでしょう。

美味しいコーヒーを淹れるためには豆の鮮度が重要!
次はプロから淹れ方のポイントを教わろう!

美味しいコーヒーを淹れるためには豆の鮮度が重要! 次はプロから淹れ方のポイントを教わろう!

美味しいコーヒーを淹れるためには、淹れ方だけではなく豆の鮮度も重要。鮮度の高い豆を手に入れて、もっと美味しくおうちでコーヒーを楽しみたいですね! 新鮮な豆を手に入れることができたら次は、プロに美味しいコーヒーを淹れるコツを教えてもらいましょう♪ 日本で唯一のコーヒー専門教育機関『UCCコーヒーアカデミー』の講師陣に、コーヒーを美味しく淹れるポイントを聞きました!

続きを読む

UCC匠の珈琲講座
資料請求する
詳細を見る
関連特集
  • コーヒー特集特集
  • 特集特集
  • 講師インタビュー特集特集
facebook
twitter
line