学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.01.01

「断捨離」に込められた本当の意味、あなたは知っていますか?

「とりあえず」取っておく、「とりあえず」しまっておく。そんなセリフを重ね、つい余計なモノを抱え込んでしまう、というのはよくあることですよね。思い切ってモノを手放す=断捨離することで、「とりあえず」とオサラバし、快適な生活を取り戻してみませんか?

  • お役立ち
  • 特集

断捨離は「モノを捨てる」だけではない!

革命的な片付け術として注目され、2010年には流行語大賞にもノミネートされた「断捨離」。「断捨離」と聞くと、モノを捨てる!という意味合いが強すぎて、自分には向いてないかも……?と思ってしまうかもしれません。けれど、本当の断捨離の意味とは……

  • 「断」=入ってくる不要なモノを断つ
  • 「捨」=不要なモノを捨てる
  • 「離」=モノへの執着から離れる

例えば、モノが増えてきたから捨てればいい、ではなくて、自分にとって「本当に必要なもの」を見つめ直そうとするのが断捨離です。

ごちゃごちゃしてきてから「捨てる」「片付ける」といった後から行う対策ではなく、そもそものモノへの執着心を減らし、余計なモノを増やさないことで、身軽で快適なライフスタイルを取り戻すことができるのです。

分かりやすい4ステップで断捨離、整理収納!

いきなり「モノへの執着から離れる」ことは難しいかもしれませんが、次の簡単4ステップで、断捨離は今すぐに実行できます。

その1:出す

全体を把握するために、とりあえず全て出し、次のステップの仕分けがしやすいようにします。

その2:仕分ける

「使っているモノ」「今後使わないと思われるモノ」「預けるモノ」「プレゼントできるモノ」「思い出深いモノ」というはっきりした基準で分けましょう。それでも分けられない、というものが出てくる場合、「どちらかわからないモノ」に仕分けし、終わったところで再度分けてみましょう。

その3:捨てる

「今後使わないと思われるモノ」を「ガラクタ」と捉え、スパッと捨てる。それによってできた空間をどう使うか、次のステップの「しまう」に繋げていきます。

その4:しまう

必要だと決めたモノのための収納スペースを確保し、種類別にしまっていきましょう。日常的に使うモノは机の引き出しやタンス、中身が見えるクリアな収納ケースなどにしまいましょう。思い出深いモノは、箱にしまったり、逆にディスプレイするのもありです。

タンスや収納容器も、センスの良いものを用意すればインテリアとしても活かせます。合理的で機能的にしまうことももちろん大切ですが、整理収納が持続するためには、オシャレに収納して楽しむこともポイントです!

以上のようなステップを踏まえて、スッキリ整理収納ができたら、気持ち良く毎日を過ごすことができるはず!リバウンドしないように持続することも大切です。

ストップ!「片付けのリバウンド」

自分の部屋や身の回りのモノが整理され、環境が整えば、肩がほぐれ、頭もスッキリして、仕事や勉強にも効率的に取り組めるようになるなど、いいことづくめ。ただ気をつけたいのが、「片付けのリバウンド」です。

きちんと片付けたはずなのに、いつの間にかまた、部屋にモノが溢れ返っていた、という経験をしている人も多いはず。リバウンドを防ぐためには毎週決まった時間に片付けをする、などのルールを決めたり、そもそもの自分とモノとの付き合い方を変えて、ゆとりのある空間を心がけることが大事です。

それでもどうしてもリバウンドしてしまう、という人は、整理収納アドバイザーなどの資格を取得して、プロの整理術を身につけてみるのもオススメ!そうすれば、「片付けのリバウンド」を防いだり、周りで片付けられない人にアドバイスしたりと、より心地よい毎日が過ごせるかもしれません。

整理収納アドバイザー講座へのリンク

「捨てられない」あなたに捧げる、整理収納のプロの秘策

物を捨てることで部屋をスッキリさせる「断捨離」。実践しようと思っても、大切な物が多くてなかなか捨てられないものですよね。そこで今回は、物を無理やり減らすのではなく、必要な物をキレイに片づけるための整理……

こちらの記事もチェック
関連特集
  • 好きを学ぼう特集特集
  • 新生活特集特集
  • 特集特集

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line