2016.01.05

センスのいいあの子は、実は色使いが上手なのかも!

センスのいいあの子は、実は色使いが上手なのかも!

洋服や持ち物のセンスが、いつもキラリと光っているすてきな人っていますよね。そんなセンスがいい人は、実は色を自由自在に扱っているのかもしれません。
きれいな色使いや、その人に似合う色には理由があります。色の知識があれば、あなたも身の周りのものを思うようにカラーコーディネートできるかも。今回は、そんな色の魅力について紹介します。

  • ライフ

色ってこんなにおもしろい!

配色のルールに基づいた色の組み合わせは、調和がとれていて美しいと感じさせます。一例として、色は同系色や補色でまとめると安定するといわれています。同系色とは、似たような色の組み合わせです。例えば黄緑色や黄色、緑色などのグラデーションは落ち着いた優しい配色になります。

一方で補色とは、真反対の色の組み合わせです。例えば、赤色と緑色、青色と黄色などです。赤色と緑色のクリスマスカラーをイメージしてみてください。鮮やかで元気のある配色ですね。

ほかにも、食品パッケージには黄色や赤が効果的に使われているのを知っていますか? これは食べ物がおいしそうに見える色で、食欲増進の色とされているからです。逆に、青色は食欲を減退させるので、あまり食品関連には使われません。

このように、色の組み合わせが美しく見えるのは、配色のルールが活かされているからです。色を効果的に使えるスキルがあれば、身近なところで役立つことでしょう。

仕事やプライベートで色を活かしてみよう

仕事やプライベートで色を活かしてみよう

色の知識は、すぐに実践できるのが魅力です。仕事やプライベートで色を上手に使って、楽しみながらセンスを磨いていきましょう。基本がわかれば、自分なりのアレンジもできるようになります。

プライベートなら、メイクや洋服のコーディネート、部屋のインテリア、友人へのプレゼント選びにも色の知識が役立ちます。また、職場では、プレゼン資料のデザイン、オフィスや店頭のインテリアなどで活かせます。

さらに、もっと色を使った仕事をしたいと思ったら、キャリアチェンジも視野に入れてみてもいいかもしれません。パーソナルカラリストの資格を取得すれば、色の知識を活かした専門的な仕事へ転職することも可能です。パーソナルカラリストが活躍できるフィールドは、ファッション関連をはじめ、メイク、ヘアスタイリスト、ネイル、ブライダル、出版、広告、インテリア業界などがあります。どれも女性ならではの感性が活かせる注目の職種です。

色の知識を学んでみたいと思ったら

色の知識を学んでみたいと思ったら

色に興味が出てきたら、「カラーコーディネート講座」を受講してみませんか? 講座というと身構えてしまうかもしれませんが、堅苦しい勉強というよりは、ファッションをコーディネートするように楽しみながら学べるのがポイントです。

色の知識はテキストだけではイメージがわきにくいもの。ユーキャンのメインテキストはオールカラーでとてもきれい! 写真やイラストも豊富なので、色鮮やかなテキストを見るだけでも、学べる工夫が盛りだくさんです。

また、誰でも一度は見たことがあるおなじみの商品や有名な実例を挙げて解説しているため、色の知識がより身近に感じられるはず。このデザインがどうして人気なのかという秘密がわかると、ますます勉強するのが楽しくなります。きっと日常生活でも、色を見る目が変わりますよ。これなら、勉強が苦手な人でも最後まで継続できそうですね。

さらに、あなただけのパーソナルカラー診断も無料で受けられます。自分に似合う色をはじめ、ファッションやメイクのアドバイスをもらうこともできますよ。

自分のセンスを磨ける新しいことを学んでみたいという気持ちと、いつか仕事に活かせるかもしれないという可能性の両方を叶えられるのが、カラーコーディネート講座です。ファッションやメイク、インテリアや広告などに興味があるなら、ぜひ受講を始めてみませんか?

関連特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
注目のコンテンツ
  • The Last Letter 夫からの最後のプレゼント
facebook
twitter
line