2017.05.12

美味しいコーヒーを飲むための、コーヒー豆の種類と選び方

美味しいコーヒーを飲むための、コーヒー豆の種類と選び方

皆さんには、自分なりのコーヒーの飲み方があるでしょうか?最近では、缶コーヒーやインスタントコーヒーにも本格的な味わいのものが増えていますが、一から自分で淹れるコーヒーは、やはり格別に美味しいものです。
好みのコーヒーに出会うために、今回はコーヒー豆の種類と選び方についてご紹介します。

  • ブレイク
  • ライフ
  • 特集
松岡茉優特集

コーヒー豆は「豆のまま」買うか「粉」で買うか

コーヒー豆は「豆のまま」買うか「粉」で買うか

「コーヒー豆」と一言で言っても、実際に購入できるものは「加工していない豆の状態」か「あらかじめ挽いてある粉の状態」の2通りあります。好きな種類のコーヒー豆を選ぶことで美味しいコーヒーは飲めますが、豆のままか粉の状態かによって、味や香りに違いが出るのです。

豆の状態

豆のままで購入した場合、自分でミルを用いてコーヒー豆を挽く必要があります。このコーヒー豆を挽く瞬間は、香りを一番楽しめる瞬間。また、細挽き・中挽き・粗挽きのように挽き方を変えられるため、自分好みの挽き方を模索してみましょう。

粉の状態

粉になった状態で購入した場合、挽く必要がないため、コーヒーフィルターを使えば簡単にコーヒーが飲めます。自分で豆を挽いたときのような香り高さには及びませんが、すぐに美味しいコーヒーを飲みたい方にとっては手軽な方法です。家庭にあるサーバーやドリッパーの種類を伝えれば、店員さんが器具に合わせて挽き方を選んでくれます。

ストレートかブレンドかで、味わいが変わる

1ヵ所の産地だけで作られた「ストレート」は、産地独特の苦味や酸味、甘味のあるコーヒーを楽しめます。自分好みの産地が見つかれば、毎日理想のコーヒーが飲めるでしょう。

一方、複数の産地のコーヒー豆を配合した「ブレンド」は、深みのある味わいが楽しめます。1種類だけでは出せない独特の味や香りがあるため、飽きが来ない味わいのコーヒーを飲み続けることができるでしょう。

生産国からでも、美味しいコーヒー豆の種類が分かる

生産国からでも、美味しいコーヒー豆の種類が分かる

コーヒー豆の産地も、コーヒーの選び方において大切な要素です。
コーヒー豆の産地は、市販のコーヒー製品のパッケージ裏面に「生豆生産国名」として書かれており、例えば「ブラジル」や「コロンビア」のように具体的な国名が明記されています。ストレートなら1ヵ所、ブレンドなら2ヵ所以上の国名表記があります。

コーヒー豆の個性は、産地によって異なります。また、同じ産地でも、生産工程や栽培条件の違いで、味や香りが変化します。産地や生産工程、栽培条件にこだわると、自分好みの美味しいコーヒーを探しやすくなるでしょう。

また、余談ではありますが、現在コーヒー豆を栽培しているのは約70ヵ国で、その70ヵ国は赤道をはさんで南北緯25度間の地域にある、「コーヒーベルト」または「コーヒーゾーン」と呼ばれる地帯に入っています。

焙煎方法にも違いがある

焙煎はローストとも呼ばれ、コーヒーの生豆を煎る加熱作業のことを言います。収穫されたばかりのコーヒー豆は淡緑色であり、市販のような茶色ではありません。また、生豆の状態では味や香りはなく、焙煎することで初めて化学反応が起こり、コーヒー独特の味や香りが生まれるのです。

焙煎は浅煎り・中煎り・深煎りがあり、段階を追って酸味がなくなり、苦味が強くなることが特徴です。

自分好みの美味しいコーヒーと出会おう

今回は、美味しいコーヒーを飲むための、コーヒー豆の種類と選び方についてご紹介しました。豆にするか粉にするか、ストレートかブレンドか、どの生産国のコーヒー豆で、どんな生産工程や栽培条件を経ているのか、焙煎方法はどうするかなど、コーヒー豆の種類と選び方にこだわって、自分好みの美味しいコーヒーと出会いましょう。

関連するオススメ記事

●同じ特集の記事をチェック

コーヒー特集

集中力を高めたいとき、逆に少しリラックスしたいとき、コーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか。
ここでは、そんなコーヒーブレイクをよりおいしく、楽しい時間にするための「コーヒー」に関する記事を集めました。

関連特集
  • コーヒー特集特集
  • ライフ特集
  • 特集特集
オススメの特集
  • 松岡茉優特集
  • 吉瀬美智子特集
  • オードリー春日俊彰特集
注目のコンテンツ
  • The Last Letter 夫からの最後のプレゼント
facebook
twitter
line
松岡茉優特集
吉瀬美智子特集
オードリー春日特集

心をこめた一杯で暮らしが豊かに

UCC匠の珈琲講座

UCC匠の珈琲講座
本格コーヒーをいれる技術と知識が身につく、コーヒーの専門教育機関「UCCコーヒーアカデミー」監修の講座!修了で「UCC ドリップマスター」に認定!
資料請求する
詳細を見る
別窓で開く

最近チェックした記事

    あなたにオススメの記事