学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2017.08.04

やりすぎは禁物!「ちょうどいいマナー」で、愛される社会人になろう!

生活に不可欠な「マナー」ですが、知らずに失礼な対応をしたり、やりすぎたりすることも......。マナーは時代で変わるものの、本質を理解すればどんな場面でも応用できます。社会人必見の「ちょうどいいマナー」について、マナーデザイナーの岩下宣子さんに伺いました。

  • シゴト
  • お役立ち
  • 特集

「ちょうどいいマナー」とは?

名刺交換や電話での受け答えなど、定型のビジネスマナーについては、実践できている社会人は比較的多いのではないでしょうか。そういったビジネスマナーは、研修を受けたり、本を読んだりすることで、身につけることができます。

今回取り上げる「ちょうどいいマナー」は、定型のビジネスマナーとは異なり、相手との関係性、状況、時代をわきまえ、臨機応変に振る舞うことです。あなたの何気ない振る舞いが、実は相手に嫌な思いをさせていた……などということを避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。ビジネスシーンにすぐに役立てられる、具体的な「ちょうどいいマナー」の事例をご紹介します。

シーン別:こんな時どうするのがベター?ちょうどいいビジネスマナー

その1:電車遅延や寝坊!朝、遅刻しそうな時の連絡の仕方

始業前に一報を入れましょう

始業して何の連絡もなく席にいないと、周りの人に「どうしたのだろう」「何かあったのかな」と心配をかけてしまいます。余計な心配をかけて業務を滞らせてしまうことが、一番のマナー違反です。

やむを得ず遅れてしまう場合は、始業時間の前に、直属の上司へ電話をしましょう。電話で上司へ直接伝えるのがベストですが、上司が不在であれば伝言をお願いしてもいいです。また、万が一、「起きたら始業時間を過ぎていた……」などという場合は、とにかく「大変申し訳ございません」と謝りましょう。

メールしかできない場合は、先に断りを入れましょう

電車の中などでメールしかできない場合は、メールの冒頭に「本来、お電話すべきところ、失礼ですが」と断りを入れましょう。

余裕を持った到着予定時刻を伝えましょう

遅刻することを謝ったら、余裕を持った到着予定時刻を伝えましょう。遅刻するという罪悪感や焦りから、到着までに掛かる時間を短く伝えてしまいがちですが、確実に到着できる時間を伝えるのが、ちょうどいいマナーです。待っている側の気持ちを考え、何度も心配や迷惑をかけるのは避けましょう。

その2:「やってしまった......!」業務上、トラブルがあった時の振る舞い方

取引先へ誤ったメールを送ってしまった時

素早い対応が大切です。気がついた時点で即座に、取引先へお詫びと破棄依頼の連絡をしましょう。その後、すぐに上司へ報告し、指示を仰ぎます。「バレなければいい」「怒られるかも」と考えて、報告を後回しにしてしまいがちですが、素早い対応により、結果的に上司の時間を奪わずに済むことが多いです。例えば、価格設定の異なる(安い)他社宛の見積書を誤って送ってしまった場合などは、大事に発展する可能性があります。直接お詫びに行くことも想定して、すぐに上司へ相談しましょう。

上司への報告や連絡が漏れていたことに気がついた時

「大変申し訳ございません、報告(連絡)することを怠っていました」と素直に謝るしかありません。この時、気をつけたいのは、謝罪と結論を先に伝えること。「忙しかった」「他の上司からも指示があった」などと、言い訳を交えて伝えてしまいがちですが、謝罪と結論だけを伝えるようにしましょう。上司は、結論を元に、いち早く対処を考えなくてはいけないからです。

上司から指示のあった期限を守れない時

期限を守れないことが分かった時点で、すぐに上司へ、理由とともに報告しましょう。「できない」と伝えるのは勇気が要りますが、業務を進めることが最優先事項です。しっかりと相手のことを考え、報告を先延ばしにするのは避けましょう。事前に相談することで、アドバイスや助けをもらえるかもしれません。

その3:いつも悩む......。取引先や上司との飲み会後のお礼の方法

取引先へのお礼

お礼は2回しましょう。支払いが終わりお店を出た後に、「ご馳走様でした」と1回目。そして翌朝、メールでも2回目のお礼を送りましょう。文面は簡単でいいですが、「美味しかった」「お話を聞けて良かった」などの感想を添えると、印象が良くなります。より誠実な印象を与えたい場合は、2回のお礼に加えて、手紙(お礼状)も送りましょう。
なお、気をつけたいのは、取引先に食事へ誘われた時。取引先との食事については、必ず事前に、会社の上司に報告や相談をしましょう。事後報告やこっそり行くのは、マナー違反です。

社内の先輩や上司へのお礼

ご馳走になると分かっていても、お会計時にお財布は出したほうがいいでしょう。そして、実際に「ご馳走するよ」と言われた場合は、「ありがとうございます!」とすぐに引くのがコツです。年次が近い先輩や上司の場合は、最初に「割り勘にしてください!」と提案してみるのもいいかもしれません。払う意思があるということと、感謝の気持ちを見せることが大切です。
社内の場合も、お礼は2回。2回目は翌日の朝、直接お礼をするのがベストですが、周りの人がご馳走になっていない場合もあるので、2人で話せる時を狙ってお礼に行きましょう。難しい場合は、メールでも構いません。
お礼は言葉だけでも十分ですが、例えば旅行のお土産を渡す機会があれば、「いつもお世話になっているので」と、はっきり伝えながら渡すのもいいでしょう。

「ちょうどいいマナー」を学んで、愛される社会人になろう

「ちょうどいいマナー」は、相手に心配や迷惑をかけず、また不快な気持ちを抱かせないようにする思いやりの心です。これまで挙げた例も、状況や相手との関係性によっては、常に正しいわけではないかもしれませんが、大切なのは「自分が相手の立場だったら、どう思うだろうか」と、相手の立場をイメージして行動すること。もしもイメージがつかない相手であれば、両親や身近な目上の方に「どう思うか」を聞いてみてもいいでしょう。

もちろん、「ちょうどいいマナー」だけでなく、基本マナーも大切です。基本マナーが心配……という方は、秘書検定講座などで、じっくり学んでみるのもいいかもしれません。思いやりを、言葉や表情、メール・手紙や贈り物など、相手に伝わる形でちょうどよく表現して、愛される社会人になりましょう。

プロフィール
岩下宣子さん
岩下宣子さん
マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。

「敷居が高い」ってそんな意味だったの!?あなたも間違えているかもしれない日本語5選

人の言葉の間違いは気づいてもなかなか指摘しにくいものです。あなたも気がつかずに、間違った言葉の使い方をしているかも!?うっかりした間違いのせいで、実力よりも低く評価されてしまうのは残念なことです。今回……

こちらの記事もチェック
関連特集
  • お役立ち特集
  • 常識・マナー特集特集
  • 特集特集
facebook
twitter
line