マナトピ

学びのトピック、盛りだくさん。

  • facebook
  • twitter

2017.03.03

介護業界の入門・スキルアップにオススメ!レクリエーション介護士資格

超高齢社会を迎えた日本では、介護従事者の需要が急速に高まっています。介護関連の資格はさまざまですが、今回は、介護業界の入門、またはスキルアップにオススメのレクリエーション介護士の資格をご紹介します。

  • シゴト

レクリエーション介護士とは

レクリエーション介護士とは、特定の職業名ではなく、資格の名前です。高齢者との円滑なコミュニケーションのとり方や、高齢者に楽しんでもらえるレクリエーションの企画・実行の仕方を学びます。
例えば、高齢者の好みや趣味を考慮したレクリエーションを企画したり、ゲーム要素を取り入れた楽しいレクリエーションを考えたり、といったことができるようになるでしょう。

レクリエーション介護士の資格が誕生するまでは、レクリエーションについて詳しく学ぶ機会が少なかったために、レクリエーションの企画や進め方は介護士個人のセンスやテクニックに委ねる部分が多くありました。
このような状況の中、「レクリエーションをしっかりと学びたい」という多くの要望を受け、高齢者を一層笑顔にすることができる介護士の育成と活躍を目指して2014年に設立された資格が、レクリエーション介護士です。

高齢者に楽しんでもらえるレクリエーションを行うためには?

レクリエーションを行う際、特に重要だと思われる要素はコミュニケーション能力です。楽しみながら行うことが基本となるため、高齢者とどのように心を分かち合うかが重要なポイントになります。
コミュニケーション能力は、レクリエーション介護士の資格取得の際に問われるスキルではありませんが、実際にレクリエーションを行う上ではぜひ身につけておきたいスキルといえます。
また、レクリエーションを楽しく、そして安全に行うためには、プロジェクト管理力も大切です。プロジェクト管理力とは、高齢者のニーズに応じたレクリエーション介護メニューを作り、スムーズに実践する能力です。
また職場によっては、他の職員とも協力し合ってレクリエーションを行うこともあるため、レクリエーションの際にリーダーシップを発揮できる資質が求められる場合もあります。

レクリエーション介護士の資格を取得するには

レクリエーション介護士の資格は、年齢や性別、知識や経験など関係なく誰でも取得可能です。
資格には1級と2級の2種類がありますが、1級を取得するためには2級の資格を取得しておく必要があります。
資格を取得する際には、通信型と通学型、そして会社や事業所へ認定講師が出向いて行う団体研修型の3種類から受講方法を選ぶことができます。いずれの場合も、カリキュラムの受講後に修了試験と添削課題が出され、その結果によって合否が決まります。
不合格だった場合は再試験が用意されますが、事前のカリキュラムを受けずにまったくの独学で資格試験を受けることは現状では難しいようです。

介護の入門・スキルアップに!

レクリエーション介護士の資格取得のためのカリキュラムを受講することで、介護の基礎的な知識や、高齢者とのコミュニケーション方法が学べます。そのため、現場で働く人だけでなく、ボランティアをしている人や家族を介護している人にとっても、レクリエーション介護士は役に立つ資格と言えます。

高齢化が進む日本において、レクリエーション介護士の知識を持つ人材は、今後ますますニーズが高まることが予想されます。
介護について学んでみたいと思ってはいるものの、ハードルが高そうだと感じている人も、適切なレクリエーションの方法が分からずに悩んでいる人も、介護の入門やスキルアップとして、レクリエーション介護士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

facebook
twitter
line