学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2015.05.18

資産運用って何? 働く女性が最低限知っておきたいマネー術

2017年4月に10%へ引き上がることが予定されている消費税。身近な物の値段が上がり、やりくりがさらに大変になりそうですね。時代の変化に負けず、資産を増やすことを視野にいれて、あなたもマネ活(マネー活用)デビューしませんか?

  • シゴト
  • お役立ち
  • 特集

初心者でも安心! 低リスクな資産運用

30歳未満の女性の平均貯蓄額は198万円、30歳代で418万円といわれています。* せっかく働いても、銀行への貯金だけでは、もらえる利息はごくわずか。貯めているだけでは賢い女性とは言えないかも。「貯蓄」だけの生活は卒業して、お金を増やす「投資」や「資産運用」にもチャレンジしてみては。

「でも、投資はお金がある人じゃないとできないんじゃ……」「資産運用は専門家のするものでしょ」などと思ってはいませんか。実は、とてもカンタンにはじめられるんです! 

まずはリスクの低い運用方法で始めてみましょう。オススメは、金利の高い外国の通貨で運用する「外貨預金」や、プロに運用を任せてその分配金を受け取る「投資信託」。小額からの投資が可能で、毎月少しずつ積み立てていく楽しみを味わえるから、プライベートも忙しく過ごしている働く女性にぴったりの投資法なんです。

外貨預金や投資信託は、口座がある銀行や証券会社を通じて購入できます。まずは窓口に問い合わせてみましょう。

ただし、外貨預金なら「円高になると損をする」、「通貨を交換する場合は手数料が必要」といった特徴や、投資信託なら「運用成績は市場環境によって変動する」、「購入時に手数料が必要」などの特徴があることを知っておく必要があります。最低限の知識を勉強しておくこともお忘れなく。

*出典:総務省統計局 平成21年全国消費実態調査

初めての投資でNISAにチャレンジする20代は46.6%!

NISAは平成26年1月からスタートした「少額投資非課税制度」の愛称で、株の売買で得た利益や、投資信託からの分配金などが最長5年間、年間100万円まで非課税になるうれしい制度!

日本証券業協会によると、証券会社でNISA口座を開設した20歳代の人の46.6%が投資未経験者。初心者の若い人たちがNISAを始めているワケは、少額の投資でチャレンジできるから。また、長期間保有する方が利益を得られやすいので、目先の価格変動にとらわれず、じっくり株に慣れることができます。
これなら忙しい女性でも安心ですね。

NISAを始めるには、銀行や証券会社などで専用の口座を開設しなくてはなりません。もしもこれからNISAの専用口座を開設するなら、取引できる商品の選択肢が多い金融機関を選ぶのがポイント。本格的に投資を始めたとき、選択肢が広がりますよ。

困ったときはプロに相談! 無料相談会に参加

投資にはさまざまなルールがあって、初心者がいきなり始めるには不安も多いですよね。そんな時は、「日本証券業協会」や「NPO法人エイプロシス」が全国で開催している無料相談会やセミナーを活用してみましょう。お金の専門家から具体的なアドバイスをもらえるだけでなく、投資で成功するちょっとしたポイントも教えてくれるはず。

また、女性を対象とした投資セミナーや初心者向けセミナーもあるので、まずは仕事帰りなどに気軽に参加してみてはいかがでしょう? お金にまつわる専門的な知識は、将来、必ず役に立つはずです。

資格の勉強を通じて、「マネ活」力を高めよう

女性は結婚や出産など、ライフステージの変化によって、働き方やお金の使い方もどんどん変わっていくもの。これからの人生を楽しむためには、お金と上手に付き合わなくてはなりません。自分で運用して資産を増やすことができたら、お金の運用方法にもっと興味がわくはず。毎日をもっと充実した生活を送るために、「ファイナンシャルプランナー(FP)」の勉強をしてみるのもアリかも。

お金の運用方法だけでなく、お金の管理方法から上手な使い方まで、幅広い知識を学べるので、自分のライフプランにも活用できますよ!

ファイナンシャルプランナー(FP)講座
資料請求する
詳細を見る

ハードルが高い「投資」の資金を、副業で調達!?

ハードルが高い「投資」の資金を、副業で調達!?

少額からコツコツ始められる投資でお金を増やせたら……結婚や出産に意欲を持てたり、諦めていた夢や目標についてもう一度考えることができたりと、ライフプランも広がるかもしれません。でも日々の家賃や生活費を考えると、「今すぐ投資に振り分ける資金がない」という方も多いのではないでしょうか。そんな場合、メインの収入とは切り離して、「副業で資金調達」をする手もあるんです!

続きを読む

関連特集
  • お役立ち特集
  • お金特集特集
  • 特集特集
facebook
twitter
line