学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.09.23

大人のオシャレは靴ケアから! スニーカーの正しいお手入れ術

今やオシャレに欠かせない「スニーカー」。しかしカジュアルなアイテムだからこそ、センスよく見せるには清潔感が大切です。とはいえ、洋服のように気軽に洗濯できないため、「買ったままお手入れゼロ」という人も多いのでは? そこで今回は、意外と簡単なスニーカーのお手入れ方法をご紹介します。

  • ライフ
  • お役立ち

キャンバス地スニーカーは丸洗いできる!

キャンバス地とは、簡単にいうと厚手の布地のこと。頑丈な素材なので水洗いはもちろん、洗濯機で洗えるのでお手入れが簡単です。正しい洗い方を学んで、きれいな状態で長く履き続けましょう!

<準備する物>

・洗濯用洗剤
・靴用ブラシ(なければ古い歯ブラシでもOK)
・スニーカーが入る大きさのバケツか桶(なければ洗面台か浴槽に栓をして代用)
・靴用ネット(なければ洗濯ネットでもOK)
・ハンガー

<洗い方>

1.靴紐とインソールを外す
足が直に触れるインソールには臭いや雑菌が染み込んでいるので、外して靴の内側も洗います。インソールが外せないタイプの場合はそのままでもOKです。

2.バケツまたは洗面台にお湯を張り、浸け置きする
38〜40度のぬるま湯に洗濯用洗剤を入れ、スニーカーとインソール、靴紐を約30分浸します。お湯を使うことで汚れを浮きやすくする効果があります。

3.スニーカーの汚れをブラシでやさしく落とす
浸け置きして汚れを浮かしたら、スニーカーとインソールを丁寧にブラシでこすり洗いします。靴紐は手でもみ込むように洗いましょう。この後のすすぎと脱水時に洗濯機を使用するので、可能な限り汚れを落としておくといいでしょう。靴底についている砂や大きな汚れも忘れずに! スニーカーのゴム部分の汚れは消しゴムでやさしくこすったり、メラミンスポンジを使うのがおすすめです。

4.洗濯機ですすぎ&脱水をする
バケツですすぎ洗いをしてもOKですが、すすぎ残しは黄ばみや汚れの元になるので、洗濯機を使ったほうがベスト。お手軽なうえにきちんと泡が落とせます。立体的な形をした靴用の洗濯ネットに入れれば、型崩れの心配も不要ですよ。

5.風通しの良い日陰で乾かす
斜めに立てかけて干すだけでも良いですが、針金ハンガーの両端を曲げたものに吊るしたり、S字フックを利用したりすると、スニーカーの型崩れが防げます。色落ちや変色を防止するため、必ず陰干しにしましょう。

水洗いNG! レザー地スニーカーのお手入れ方法

レザースニーカーは革でできているので、キャンバス地と違って水洗いはできません。そのためお手入れは、日頃からこまめに行うことがポイントです。

<準備する物>

・靴専用ブラシ
・専用リムーバー、消しゴム
・古歯ブラシ
・革用クリーム
・乾いた柔らかい布2枚(着なくなった綿素材のTシャツでもOK)

<お手入れ方法>

1.表面の汚れをブラシでやさしく落とす
レザーは傷がつきやすい素材なので、力を入れないよう注意しながら専用のブラシで全体の汚れを払うように落としましょう。ソールやゴム部分の汚れには、歯ブラシを使うと細かいとろこまできれいに落とせます。

2.目立つ汚れには専用リムーバーを使用
ブラシでは落ちない黒ずみなどは専用リムーバーを布に付け、部分的に汚れを落とします。軽い汚れなら文房具の消しゴムでも消える場合もあるので、そちらを試してみるのもおすすめです。

3.柔らかい布でやさしく汚れを拭き取る
乾いた柔らかい布で、拭くようにして汚れを落とします。

4.仕上げに革用クリームを塗る
スニーカーにクリームを500円玉大程度出し、乾いた柔らかい布で広げながらくるくると円を描くように擦ります。汚れが浮き上がってきたら、布のきれいな面で拭き取りましょう。クリームを塗ることで、硬くなりがちなレザー地が柔らかくなりますよ。

外部サービスを使えば、お手軽でピカピカに♪ 

手間をかけずにお手入れしたい方には、クリーニングやコインランドリーといったサービスがおすすめです。

●コインランドリー
お家の洗濯機を汚したくない、手間をかけずにきれいにしたい! という方におすすめなのが、靴専用のコインランドリーです。洗濯機のなかに回転式のブラシがついているので、汚れを手作業で落とす手間が省けます。水洗いできるキャンバス地やビニール素材のスニーカーなら、洋服を洗濯するのと同じ要領で洗えますよ。

●クリーニング
革やスエードといった水洗いNGのスニーカーは普段のお手入れが大事だとお話しましたが、もっときれいにしたい! というときには、クリーニングを利用するのも手。見た目がきれいになるだけでなく、セルフケアでは難しいニオイや雑菌除去にも効果的です。最近は靴のクリーニングを受け付けているお店が多くあるので、ぜひ近くのお店を探してみてくださいね。

毎日気軽に履けるスニーカーは汚れるのも早いもの。とくに夏はたくさん汗をかくため、内側のニオイも気になりますよね。季節の変わり目は「スニーカーのお手入れどき」と心得て、汚れやニオイをしっかりケアしてみてはいかがでしょうか。

Text:大西マリコ

使いやすくて見た目もおしゃれ!
キッチンから始める、暮らしの整理収納術とは?

関連特集
  • お役立ち特集
facebook
twitter
line