学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.09.21

子どもの頃のおけいこ事をもう一度。今度こそ楽しむ!上達する!

子どもの頃、「親に勧められて」「友達がしているから」と、何となくしていたおけいこ事。大人になった今、再び取り組んでみると、当時は気付かなかった楽しさや発見があるものです。そこで「昔していたおけいこ事への再チャレンジ」をテーマにアンケート調査を実施。皆の声を紹介するとともに、そのメリットについてキャリアコンサルタントの資格を持つライターの青木典子さんが解説します。

  • ライフ
  • 特集

皆、子どもの頃にどんなおけいこ事をしていた?

皆、子どもの頃にどんなおけいこ事をしていたのでしょうか。
20代~30代の男女にアンケート調査し、44人から回答を得たところ、トップ5は次のおけいこでした。

1.ピアノ 26人
2
.習字(書道) 25人
3
.スイミング 22人
4
.そろばん 10人
5
.英語 8人

3~4つのおけいこ事を経験した人も多く、ピアノ・書道・スイミングはその中に高確率で含まれていました。このほかには、野球、サッカー、テニス、ゴルフ、柔道、空手、剣道、生け花、茶道、絵画、ヴァイオリン、バレエ、手話などがありました。

もう一度チャレンジしたいおけいこ事はどれ?

アンケートに回答いただいた皆さんに、「子どもの頃にしていたおけいこをもう一度してみたいと思う?」とたずねたところ、半数の人が「はい」と回答。中でも「もう一度習いたい思うおけいこ事」で多かったのが、次の2つです。その理由も聞いてみました。

●ピアノ

「当時は自分で曲を選べず弾かされていたが、自分で弾きたい曲がたくさん出てきたので」
「自分の娘にも習わせて、一緒に弾きたいから」
「子どもに教えたいから」
「高校で辞めてしまったが、大人になって男性が弾けたらモテそう」

●習字(書道)

「子どもの頃は習字の必要性を感じず嫌々通っていたけれど、今なら字がきれいであることの重要性を理解した上で練習に臨めるから」
「披露する機会は多くないけど、やっぱりきれいな字が書けるとかっこいいとおもう!」
「文字を書く機会が減ってきて、だんだんきれいに字が書けなくなってきたから」
「年をとると徐々に必要になってくるから」

このほかのおけいこ事については、次のような意見も見られました。

「茶道のおけいこは、日本古来の文化を知ることができて楽しかった。今ならもっと学びがありそう。着物も着たい」
「英語。大人になると外国人とコミュニケーションをとったり海外旅行したりする機会があり、実用的だから」
「計算が苦手。そろばんをもう一度やれば克服できるかも」
「バレエ。社会人になると身体を動かす機会が少なくなったので」

子どもの頃のおけいこ事、大人になって再チャレンジするメリットとは…

いろいろな種類のおけいこ事があふれている中、あえて子どもの頃にしていたおけいこ事に再び取り組むことには、どんなメリットがあるのでしょうか。ポイントは次の5つです。

●基本が身に付いているので上達が早い

頭も身体も柔軟な子ども時代に「基礎」を身に付けているので、未経験のおけいこ事を一から始めるよりも早く上達できる可能性大。上達すると楽しくなるし、続けるモチベーションが高まります。

●新たな意義や魅力に気付き、自発的に学べる

子どもの頃には気付かなかった、そのおけいこ事の良さを発見できるはず。
例えば、アンケート調査に寄せられたコメントには、「習字(書道)」について「昔は上手な字を書けるようになることが目的だったけれど、今は頭をからっぽにして集中したり没頭する1時間がすごく貴重な時間に思える」「精神統一の時間がほしい」という声がありました。
また、大人になってから再び「バレエ」を始めた人たちからは、「子どもの頃はヒラヒラの衣装に憧れて始めたけれど、『体幹』を鍛えることの重要性を知り、今は健康と体型維持が目的」という声も多く聞こえてきます。

●「一流」に触れる機会を持ちやすく、学びを深められる

子どもの頃は「スクールの先生」や「上級生」がお手本だったけれど、大人になった今なら一流のプロの展覧会や公演などを鑑賞する機会を自発的に多く持つことができます。プロの作品や技術に感動を覚えることで、自分が目標とするイメージが広がり、モチベーションが高まるでしょう。

●自分の「成長」を実感できる

昔と同じおけいこ事に取り組めば、自然と子どもの頃の自分が思い出されるはず。「あのときはこうだったな」と振り返ることで、今の自分が確実に成長していることを感じられるもの。「あのとき先生に言われたのはこういうことだったのか」と納得できることも充実感につながります。

●中途半端に辞めてしまった後悔の念が晴れる

子どもの頃に上達できないままやめてしまったおけいこ事があるとしたら、リベンジのつもりで再チャレンジしてみては。今度こそやり切って達成感を得ることで、昔からのもやもやがスッキリ晴れるかも。

どのジャンルのおけいこ事にしても、子ども時代の感じ方と大人になってからの感じ方は大きく異なるはず。昔は「つまらない」「練習が苦痛」なんて思っていたかもしれませんが、そのイメージに引きずられていてはもったいない! まずは体験し直してみて、新たな魅力を探ってみてはいかがでしょうか。

【執筆者プロフィール】

青木典子(あおきのりこ)
リクルートで求人広告の営業などを務めた後、フリーライター/編集者として活動。就・転職、キャリア、スキルアップ、資格などをテーマに20以上の媒体で執筆、20冊の書籍編集に携わる。1000社以上に取材し、経営者・人事担当者・働く人々の声を聴いてきた経験をベースに、キャリアコンサルティングも行う。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。

「おけいこを始めたい!」と思ったらチェック!
女性に人気の習い事9選

いかがでしたか? 昔やっていたおけいこ事をまた始めてみたい、と思った方も多いのではないでしょうか。ただ一方で、「子どもの頃に経験はしていないけど、今だからこそやってみたい」といった習い事もあるはず。そこでここでは、 「体を動かす習い事」「料理に関する習い事」「和の習い事」の3つのカテゴリーから、女性に人気の習い事9選をご紹介します。

続きを読む

●同じ特集の記事をチェック

好きを学ぼう特集

新しい自分になるための一歩を踏み出しませんか? いろいろな「学び」のご紹介から、実際に前に踏み出した方たちへのインタビューまで、「好きを学ぶ」をテーマに記事を集めました。

関連特集
  • 好きを学ぼう特集特集
  • 特集特集
facebook
twitter
line