2016.02.05

いつもと違う大切な気持ちの伝え方、手紙のススメ

いつもと違う大切な気持ちの伝え方、手紙のススメ

大切な人に、あなたのその気持ちを普段から伝えていますか? 面と向かって口にするのは恥ずかしい、ちょっと照れくさい言葉でも、手紙なら素直に伝えられるかもしれません。抑えきれない強い思いから、小さな感謝の言葉まで。あなたの言葉を手紙にしてみませんか?

  • ライフ

相手の心に響く告白は、手紙で

相手の心に響く告白は、手紙で

「あなたのことを想っています……」と、恋の告白をしたことはありますか? 本当は面と向かって気持ちを伝えるのが一番だけど、大好きな彼を目の前にしたら、緊張してうまく話せないかもしれません。ドキドキしている間や、タイミングを見計らっている間に、結局言い出せなかった……という経験をしたことがある人もいるでしょう。

そのため告白はメールや電話でという人も多いと思いますが、もう一歩頑張って、手紙を書いてみませんか? なかなかもらうことのない手紙だからこそ、胸の奥にある大切な想いも、きっとそのまま伝わります。あなたの特別な想いのこもった手紙は、相手の心に大きく響くはず。結果がうまくいってもいかなくても、あなたからの手紙をきっと大切にしてくれることでしょう。

ちなみに、ラブレターは夜に書くのがおすすめだとか。人は、夜の方が感情が高ぶるそうなので、より情熱のこもった手紙が書けるかもしれません。でも封をするのはちょっと待って。朝になったら、冷静な頭で読み返してみましょう。情熱的すぎる内容は、もらった相手がびっくりしてしまうかもしれませんから。

ケンカをしても、手紙なら素直になれる?

ケンカをしても、手紙なら素直になれる?

ケンカして気まずくなった相手に、自分から謝るのは勇気がいりますよね。たとえこちらに悪いところがあったなと反省していても、顔を見たらつい冷たい態度をとってしまう……。

でも手紙なら、直接口に出すわけではないので素直に謝れるかもしれません。早く仲直りしたい、このままの状態は望んでいない……。相手のことを大切に考えている、そんなあなたの本当の気持ちとゆっくり向き合ってみましょう。そして、その言葉を素直にしたためてみてください。

怒っている相手も、手紙に書かれた言葉ならあとで読み返すこともできます。今は感情が高ぶっていてあなたの気持ちに向き合えなくても、心が落ち着いてきたときに、もう一度読めば、あなたの言葉を受け入れられるはずです。飾らない言葉で真剣につづったあなたの本当の気持ちは、きっと伝わります。

普段からちょっとしたことも言葉に

普段からちょっとしたことも言葉に

「いつもありがとう」といったちょっとした感謝の気持ちや、「お土産おいしかったよ」といったお礼の言葉。「最近あまり話す時間がないね」という寂しい気持ちも、気軽に書き出してみましょう。

口では照れてうまく言えなかったり、言葉足らずになったり、感情的になって思わずきつい言葉が出てしまうこともありますが、手紙なら大丈夫。ゆっくり言葉を選べて、渡す前に自分で読み返すこともできます。そのときに言葉を付け足したり、より柔らかい表現に変えたりすることもできます。

耳で聞いただけでは消えてしまう言葉も、手紙ならずっと残り、もらった相手も何度も読み返すことができます。そのたびに、手紙をもらったときのことを思い出して、忙しいと忘れがちなあなたへの気持ちを思い出してもらえるでしょう。

「ちゃんと書こう」と構えることはありません。ちょっとした言葉を伝えるのなら、小さなカードで十分です。小さな心遣いでも、相手にはちゃんと伝わります。

手紙を書くときに、一つだけ大事なことがあります。それは一字一字を丁寧に、気持ちを込めるようにして書くこと。どんなにすてきな言葉でも、パソコンの印字やなぐり書きでは、感動も半減してしまいます。手書きの機会が減っているからこそ、手書きの手紙が心に響くのです。

手書きに自信のない人や、もっときれいな字を目指したい人には、「実用ボールペン字講座」がおすすめです。家で手軽に、一日たった20分の練習で、より美しい文字が書けるようになります。テキストに年賀状やお礼状などの実用的なお手本があるので、すぐに役立ちますよ。

気持ちは言葉にしないと相手には届きません。あなたの心にある大切な気持ちを、時には手紙で伝えてみてください。心のこもった手書きの手紙は、きっと何倍にも相手に伝わります。


関連特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
  • 実用ボールペン字講座で美文字に!石原良純特集

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line