学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2015.04.27

ワンコインで別世界! 学べる夜活スポット

仕事終わりのリラックスタイムや休日、あなたはどのように過ごしていますか? 今回は、夜の余暇時間の新しい過ごし方「夜活」をご提案。ワンコイン以下で、気軽にチャレンジできる夜活スポットをご紹介します。

  • ライフ
  • 特集

「夜活」スポットに出かけよう!

朝活の時間を充分にとれない方に、じわじわと広まりつつある「夜活」。就寝前の空き時間を活用して、主にリフレッシュやリラックスを目的とした取組みをしている方が多いよう。始業まで、とタイムリミットのある「朝活」に対し、「夜活」は時間に余裕を持って取り組めるのが大きなメリットです。

また、「朝活」スポットはビジネス英会話や異業種交流など、ビジネスに直結する活動が中心ですが、「夜活」スポットは生活を豊かにしてくれる文化系・雑学系の多彩な活動が充実しているのが特徴です。

今回は夜活スポットの中でも特にオススメの4つのスポットをご紹介。

思い立ったその夜に参加できるスポットもご紹介しているので、ぜひ立ち寄って体験してみてください!

東京の空に広がる宇宙を見よう 「定例観望会」

ファミリーから天文ファンまで幅広く楽しめる、国立天文台三鷹キャンパスの「定例観望会」。都内での観望会も増えてきていますが、こちらの観望会は口径50cmの望遠鏡で観望できる希少な施設で催されています。

月2回行われる観望会は、300人の定員が毎回埋まってしまう人気イベント。天文学を学ぶ学生たちによる星空解説は、難しい単語には注釈を加える、想像しづらい天体の大きさや距離は身近な例を挙げる、など、子どもや天体初心者も理解しやすい内容になっています。

「天体の話を楽しみにいらっしゃるリピーターさんも多いんですよ」と、天文情報センターの石川さん。難しいイメージの天文学ですが、工夫を凝らした説明は天文ファンのみならず、初心者の方も楽しまれているとのこと。当日観望する天体を中心に紹介するので、「次のお話も聞いてみたい!」とリピーターにつながっているのかもしれませんね。質問コーナーもあるので、気になったことはなんでも聞いてみましょう。

忙しい毎日、ふと夜空を見上げて天体に思いを馳せる……。観望会に行ったあとは、そんな心の余裕が生まれそうです。

21時半から楽しめる! 粋な笑いを堪能する「深夜寄席」

落語・講談(※)など、さまざまな演目を楽しめる深夜寄席。古くから語り継がれてきた「噺(はなし)」には、風流な言い回しや生き生きとした昔の人々の様子が詰まっています。寄席は、美しい日本語や失われた習慣、生活のヒントを楽しく学ぶのにぴったりの場所なのです。

「新宿 末廣亭」の深夜寄席は、土曜日の夜9時半にスタート。しかも木戸銭(入場料)はワンコイン500円。寄席初心者も気軽にチャレンジできますね。新宿という場所柄、仕事帰りのビジネスマンや飲み会帰りの方が多いそう。元気な呼び込みの声に誘われて、1人でも立ち寄りやすい雰囲気です。

「初めての方にも分かりやすく、親しめるように工夫をしています。ぜひ一度楽しみに来てください」と落語家の笑福亭羽光さん。現代人には理解し難い箇所も、噺の中ですんなり理解できるようにしているとのこと。

受け継がれる日本の伝統芸能をワンコインで堪能できる深夜。一日の終わりを笑って過ごせば、すっきりした気持ちで眠れそうですよ。

※講談は、独特の話芸とリズミカルに打つ小道具を用い、主に歴史の読み物などを読み上げます。

駅近カフェで話そう 「カフェ英会話♪」

「カフェ英会話♪」は都内を中心に開催される英語イベント。先生やテキストはなく、参加者が駅近のカフェで英語を使って雑談するスタイルです。仕事が終わった後ということもあり、みなさんリラックスして参加しています。

初参加者は毎回2〜3人ほど。こちらの居心地のよさを体感すると、半数以上がリピーターになるというのもうなずけます。1つのテーブルに4人程度と人数を絞っているので「結局なにも話せなかった……」ということもなさそう。

「英語のレベルでテーブルを分けているので、気後れすることはありません。話してみようという気持ちが大切。ぜひ英語を使う楽しさを体験してみて」とスタッフさん。友達とお茶に行くような気持ちで参加してみては?

クリアな気持ちで新しい1週間を迎える「日曜坐禅会」

昨今の瞑想ブームで坐禅に興味があるものの、早朝のイメージが強い坐禅会は敬遠していた方は多いのでは? 「全生庵」では、朝の時間にゆとりがない方でも参加できるよう、日曜日の18時から「日曜坐禅会」を行っています。

「日曜坐禅会」では、初心者向けに坐禅会の流れや座り方などの講習を用意。一度講習を受けると、以降の日曜坐禅会は予約不要で参加できます。基礎をしっかり習得したら、自宅でもチャレンジしてみてください。就寝前の坐禅を夜活にするのもよいですね!

「現代はさまざまな情報が溢れかえっています。取り入れてばかりだと心身のキャパシティを超えて余裕がなくなってしまうことも。思考を手放し、頭と心を空っぽにする時間が必要です」と全生庵執事の巌氏。静かな場所で心身をクリアにする坐禅は、日々慌ただしい現代人こそ実践したいリフレッシュ法なのです。

非日常体験でリフレッシュしよう

旅行に行くほどまとまった時間はとれないけれど、新しい体験をしたい、知識を広げたいと思っている方は多いはず。夜にふらっと参加できる「夜活」はそんな方にぴったりです。今回はワンコイン以下で気軽に試せる、初心者歓迎の夜活スポットをご紹介しました。

一日の終わりをどう過ごすかで、その日の満足度合いは変わってきます。生活のアクセントやリフレッシュに夜活を活用してみてくださいね。


●同じ特集の記事をチェック

学びスポット特集

自分の部屋でじっくり学ぶのもいいけれど、ときには少し気分を変えて、外に出てみませんか? 場所を変え、外の空気を吸うことで、よりいっそう学びに集中できるようになるかもしれません。ここでは、楽しく体験したり学んだりできる「学びスポット」をご紹介します。

国立天文台 三鷹キャンパス
https://prc.nao.ac.jp/stargazing/

東京都三鷹市大沢2-21-1
TEL 0422-34-3688(平日9時〜18時)
開催日、申し込み開始日などはホームページにてご確認ください。
参加費:無料

新宿 末廣亭
http://suehirotei.com/

東京都新宿区新宿3-6-12
TEL 03-3351-2974/03-3354-7932
深夜寄席:毎週土曜日 21:30〜23:00
営業時間(通常):12:00〜21:30(入場は19:45まで)
木戸銭:500円

カフェ英会話♪
http://cafeeikaiwa.jp

参加方法:公式HPより申し込み
開催時間:会場毎に異なり、19:00から20:00の間でスタート(約1時間半)
※土日は午前中も開催
参加費:500円(カフェのため、各自のオーダー料金が別途必要)

宗教法人 全生庵
http://www.theway.jp/zen/zenshoan_new.html

東京都台東区谷中5-4-7
TEL 03-3821-4715
開催日:毎週日曜日18:00〜20:00(初参加者は17:30〜20:00)
参加費:300円(初参加者は500円)

関連特集
  • 学びスポット特集特集
  • 特集特集
facebook
twitter
line