学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2015.04.16

料理がもっと楽しくなる! かわいくて使えるキッチングッズ

自分の食べるものは自分で作りたい! 本当はもっと料理をしたい! そんな人に使って欲しいのが、料理が楽しくなるキッチングッズ。今回は、ユニークで意外な機能を持つ、キッチングッズをご紹介します。

  • ライフ

「洗う」ことは料理の基本!

泥のついた野菜をきれいに洗ったり、水を切った後のザルの網目を洗ったり……スポンジでは洗いにくい汚れは、意外とたくさん! そんなとき、このプラスチックたわし「プラタワ・フォーキッチン」が役に立ちます。ふにゃふにゃの剣山みたいな姿は、手に柔らかくフィット。細いのにコシのある毛は、ザルの網目も、野菜の泥も、こするだけできれいに洗い上げてくれます。グリーン・ブルー・オレンジの3色から選べるのもポイント。吸盤でいろんなところにくっつけられるので、シンク周りが華やぎます。

洗ったら手は濡れる。手を拭くグッズにも一工夫

野菜を洗っては手を拭き、お皿を洗ってはまた手を拭き……繰り返しているうちに、タオルはぐっしょり。手を拭いても乾かずに、なんとなく気持ち悪い! ということ、ありますよね。そんなときは、フワフワのSUSUお手拭きボール」がオススメ。丸い形のモンスターのようなボールは、吸水性と速乾性を備えたマイクロファイバーでできているので、いつもサラサラ、カラリ。両手で包んだり、片手で握ったりすれば、指の間の水滴まで吸い取ってくれます。

調味料を湿気から守ってサラサラに

ひと味つけるために砂糖と塩を……と思ったら、湿気を吸ってカチコチに。封を開けて間もないのに、スプーンで上手くすくえない! そんなときは、板チョコの形をした調湿剤soil DRYING BLOCKの出番です。吸湿性の高い自然素材「珪藻土(けいそうど)」で作られているので、パキッと割って調味料容器に入れておけば、余分な湿気を吸ってくれる優れもの。板チョコのような見た目もおしゃれで楽しめるので、ちょっとしたプレゼントにもオススメ。

いやーなヌメヌメにおさらば!

料理上手を目指すなら、ゴミの処理までしっかりと。でも、生ゴミは散らばりやすいうえに、ニオイやヌメリが厄介ですよね。「手を汚さず、シンクを広くて清潔なままにしておきたい!」 その願い、「水切り袋立てちゃいました」が叶えてくれます。メッシュ素材でできたこの袋を、シンクの隅っこにポンと置いて、ゴミをポイポイと入れた後は、指先でつまんで捨てるだけ。ニオイやヌメリのつきやすい三角コーナーを使わず、小まめにゴミを捨てられるから、シンクはいつも清潔です。

かわいいキッチングッズを使って、
料理と食生活をもっと楽しく

「いいな」と思うものはありましたか? かわいくて機能的なキッチングッズを使えば、料理がぐっと楽しくなって、料理上手に近づけそうですね。素敵なキッチングッズやレシピを使って、食生活を充実させることは、普段の生活のレベルアップにもつながります。

さらに「食」について学びたい、と思ったら、食材の選び方や衛生管理、旬の素材を活かしたレシピなどが広く学べる、「食生活アドバイザー」や「食育実践プランナー」などにチャレンジしてみるのもオススメです。

この春、キッチングッズを使って楽しみながら「食」を極めてみてはいかがですか?

食生活アドバイザー講座
資料請求する
詳細を見る

食育実践プランナー講座
資料請求する
詳細を見る
関連特集
facebook
twitter
line