学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2016.12.02

忙しい社会人にもぴったり!アクティブラーニングを取り入れた勉強法

日々忙しい社会人にとっての勉強は効率が第一。資格取得や検定合格に向けて、ただ時間を費やして勉強するだけではなく、「学習効果の高い勉強の仕方」を、学習心理学や行動科学に詳しい学習・教育アドバイザーの伊藤敏雄さんに聞きました。

  • お役立ち
  • 特集

学習効果がUP!?「アクティブラーニング」を取り入れよう

勉強と言えば、一人で机に向かって黙々とするものと思っている人が多いでしょう。しかし、これからは「アクティブラーニング」の時代です。

アクティブラーニングとは、話を聞いたり文章を読んだりするといった、インプットを重視した学習ではなく、問題を解いたり説明したりするといったアウトプットを重視した学習です。講義を聴くといった受動的な学習より、実際にやってみたり誰かに教えたりするといった能動的な学習の方が、学習効果が高いとされていることから、近年、注目を浴びている学習法です。

ここからは、アクティブラーニングの考え方に基づいた、社会人におすすめの勉強法をご紹介します。

忙しい社会人の勉強、いきなり〇〇から始めるのもアリ!

社会人になってからの勉強は、学生時代と違って1から理解していく余裕はなかなかありません。本来ならテキストをじっくり読んでから問題集に取り組みたいところですが、試験日が差し迫っている場合は、いきなり問題集を解くという方法もありでしょう。ただテキストを読むよりも、問題集を解く方が能動的だからです。

いずれにしても、問題集を解いた後はすぐに答え合わせをすることが大切です。また、この時に注意点があります。それは、問題集には決して赤ペンで答えや解説を書き込まないようにすること。理由は、間違えた問題はもう一度解くことが大切だからです。間違えた問題には「間違えた」ことだけが分かるように、チェック印を入れましょう。

ちなみに、丸やチェック印は、問題番号のところに付けると、そろって見えてきれいですよ。

わからないことが出てきた時点で、教科書や参考書を読む

答え合わせをした後は、必ず間違い直しをしましょう。この時、わからないことを教科書や参考書で調べるようにします。なぜこの問題を間違えたのか、この問題でポイントになることは何かなど、ほかにも「これは覚えておいた方がよさそう」ということがあれば、この時にまとめておくのもよいでしょう。

大切なことは、テキストを読んでは問題を解く、問題を解いてはテキストを読むといった、インプットとアウトプットをバランスよく行うことです。

「Show&Tell」でアウトプットを重視する

もう一つ、アウトプットを意識したおすすめの勉強方法は、クイズを出すつもりで誰かに質問したり説明したりする「show&tell」です。例えば、「ナイチンゲールって何をした人か知ってる?」といった風に、誰かに聞いてみるのです。おそらく聞かれた人から「誰だっけ?」「看護学を確立した人でしょ?」といった返事が返ってくるでしょうから、さらに詳しく説明します。

このように、だれかとやりとりしながら説明したり教えたりする方が、「ナイチンゲールがどんな人だったか」を丸暗記するよりも、ずっと理解が深まるはずです。

SNSやコワーキングスペースを活用して勉強仲間を増やそう

でも、一緒に勉強してくれる人がいないという人はどうしたらよいでしょうか。自分に出題して自分で答える「自問自答」というのもアリですが、そんな時は、SNSやコワーキングスペースを活用して、一緒に勉強してくれる仲間を募ってみてはいかがでしょうか。また、同じ目標を持った人が一緒に勉強する「朝活」に出てみるのもよいでしょう。

社会人の勉強は、学生時代とは違って誰かに強制されるものではないので、自主性や工夫が必要です。ましてや勉強が本業ではないので、限られた時間を上手に活用することも重要です。ここに挙げた、アクティブな要素を取り入れたアウトプットを重視する。そんな工夫をしてみるだけで、効果の高い勉強法へと早変わりするのです。早速、試してみてください。

【執筆者プロフィール】

伊藤敏雄(いとうとしお)
学習・教育アドバイザー(専門は勉強法、指導法)。学習心理学・行動科学に詳しく、少人数個別指導教室で自ら小中高校生に勉強を教える一方で、学校や学習塾向けに文理選択や勉強法の講演活動も行う。「明日の教室」名古屋分校スタッフ。著『フィンランドメソッド書き込み式練習ドリル』『教育のホントがよくわかる本』。

現役塾講師が教える! 勉強が効率的に進むノートの取り方とは?

関連特集
  • 学びのコツ特集特集
  • 特集特集
facebook
twitter
line