学びのトピック、盛りだくさん。
  • facebook
  • twitter

2015.01.27

発酵食&伝統食、もっと生活に取り入れない? 簡単ビューティーレシピで美活はじめよう

塩麹のブームをきっかけに、美容と健康の味方として、いま発酵食品が注目されています。美味しいだけじゃなく、たっぷり含まれる酵素が腸内環境を整え、ダイエットやアンチエイジング、免疫力アップに効果的! 女性には特に嬉しい発酵食品を食生活に取り入れてみませんか?

  • お役立ち

発酵食品の効果

ここ数年ブームになった塩麹や醤油麹などの酵素を含む食品には、とってもいい効果がたくさん。

ダイエット効果:乳酸菌と酵素が腸内環境を整えることで代謝がアップして、脂肪の燃焼を促進!

美肌効果:乳酸菌と酵素によって、腸内環境が改善されると吹き出物などの予防にも!

免疫力アップ:酵素が腸内にある免疫細胞の活動を活発にして、風邪に負けない身体に!

アンチエイジング効果:抗酸化作用で、活性酸素を抑え、体をサビから守る!

発酵食品を上手に摂り入れて、身体の中からの美しさと健康を手に入れましょう!

日本の食生活は発酵食品が基本!

発酵食品は、昔から食べられている日本の伝統食だということを知っていましたか? 味噌、酢などの調味料や、納豆、かつお節、漬物なんかも、実は発酵食品なんです。海外にもチーズやバター、ヨーグルトなどの発酵食品がありますが、日本の発酵食品はそれらとは違い、植物性のものが多いので、カロリーを気にせず、毎日の食事に取り入れやすい点が魅力です。

酵素たっぷり! ひと工夫した発酵食品アレンジレシピ

酵素たっぷりの発酵食品を使った、簡単なビューティーレシピをご紹介!

<ピリ辛キムチが絶妙な肉納豆 2人前>

キムチ(乳酸菌)と納豆(納豆菌)のダブル使いで、多くの酵素と食物繊維が取れ、腸にも嬉しい最強レシピ!

材料: 納豆(2パック)、豚ひき肉(100g)、キムチ(好みの量)、ネギ(1本)、生姜(1かけ)、ニンニク(1かけ)、醤油(少々)

① オリーブオイルでみじん切りにした生姜、ニンニクを炒め、香りが立ったら豚ひき肉を加えて炒める。

② 納豆、キムチを加えざっくり混ぜ炒め、フライパンの周りに円を描くように醤油をおとす。

③小口切りにした青ネギをたっぷり加えて火を止める。

できあがった肉納豆は、ほかほかご飯の上にドバっとかけても、シャキシャキのレタスに挟んでもOK!

<ジューシーな和風タンドリーチキン 2人前>

塩麹に含まれる活性酸素の中和効果と、鶏胸肉に多く含まれる疲労回復に有効な物質を足し合わせたアンチエイジングレシピ。

材料: 鶏胸肉(1枚/300g)、味噌(30g)、無糖ヨーグルト(60g)、塩麹(大さじ1)、ハチミツ(大さじ1)、醤油(大さじ1/2)、カレー粉(小さじ2)、生姜(1かけ)、ニンニク(1かけ)

①生姜とニンニクをすりおろし、鶏胸肉の皮を剥ぎ捨てる。鶏胸肉にフォークでブスブス刺して穴をあける。

②ビニール袋に①の肉を入れる。はかりの上にボールを置き、その上に肉入りビニール袋をのせて、計量しながら材料を入れていく。

③肉と調味料が混ざるようにビニール袋の上から揉んで、半日~1日、冷蔵庫で寝かせる。

④オーブン(200℃)の天板にクッキングシートをしき、肉をのせて20分焼く。

和風な味つけですが、パンに挟んでタンドリーチキンサンドにしてもGood!

<揚げずに簡単な大学芋 2人前>

単体でもビタミンや食物繊維が豊富なさつまいもに味噌を加えることで、さらにパワーアップ! 女性に嬉しい、美味しく食べて美しくなれる美レシピ。

材料: さつまいも(100g)、味噌(小さじ1)、ハチミツ(小さじ1)、白ごま(小さじ1/2)

①器に味噌・ハチミツ・白ごまを入れてよくかき混ぜる。

②さつまいもを1.5cm幅の輪切りにし、耐熱器に入れレンジで約4-5分加熱。

③皮を取って半分に切り、①に混ぜてよくからめる。

ちょっと小腹が空いた時や、お弁当の一品にも最適!

食生活をバランスアップして、身体の中から美人に!

毎日の食事に酵素を上手く取り入れることで、ダイエットやアンチエイジング、免疫力アップなど、発酵食品の様々な効果を美味しく実感することができます。

「発酵食品を取り入れたレシピ」と聞くとメニューは限られてきてしまいそうですが、今回紹介したもの以外にも、体の中から元気と美しさを作ってくれる発酵食品は身近にたくさん!

家族の健康を守りたい方も、最近自分の体の調子が気になるという方も、発酵食品をきっかけに食生活を見直してみるのはいかがでしょうか。効果や栄養に関する専門知識が増えれば、美味しくいただけるメニューも増え、より健康的で楽しい生活につながるはずです! さらにそういった知識は、健康志向と食の安全に対する意識が高まっているなか、実生活にはもちろん、仕事でも役立つかもしれません。今年の美人計画は、食生活から始めましょう!

関連特集

この記事のキーワード この記事のキーワード

facebook
twitter
line