2015.05.12

サプリの効果がお菓子で摂れる♡ キレイと小腹に効くおやつはコレ!

サプリの効果がお菓子で摂れる♡ キレイと小腹に効くおやつはコレ!

集中力が切れた時や体が疲れている時、ダイエット中にちょっとだけ食べたい......という時、ついつい手を伸ばしてしまうお菓子。でもお腹を満たすためだけに、間食するのはもったいない! せっかくなら、足りない栄養を補うお菓子を選んで、おいしくリフレッシュ&体や脳にも役立てちゃいましょう!

  • ブレイク

お菓子を味方に!
カラダにおいしいお菓子でリフレッシュ

気分転換や小腹が空いた時についつい食べてしまうお菓子。でも、ダイエット中だから我慢しないと……なんて考えていると、かえってイライラしてしまったり、集中力が続かなかったりして、不調を招くことも。同じ「お菓子を食べる」という行為でも、カラダに不足しているものを補う感覚でお菓子を選べば、ムリに我慢してストレスをためることもなく、“サプリメント代わり”としてカラダにおいしい間食ができちゃいます! 今回はシーン別にオススメのお菓子をご紹介します。

勉強や仕事で疲れた脳は、
「ぶどう糖」でエネルギーチャージ!

勉強や仕事で疲れた脳は、<br>「ぶどう糖」でエネルギーチャージ!

資料作成などの頭脳労働を長時間続けていると、そのうち集中力が切れてしまいますよね。こういった“脳が疲れている時”には、直接脳のエネルギー源となる「ぶどう糖」を摂り入れましょう。オススメは、「ぶどう糖自体」を多く含んでいるラムネ菓子や、分解されるとぶどう糖になる「糖分」を多く含むチョコレート。

ラムネ菓子は、商品によっては約9割がぶどう糖でできています。約40粒食べても100kcal前後と、比較的低カロリーなのもうれしい点です。ただ、ラムネ菓子なら何でも……というわけではなく、砂糖を主原料にしている商品もあるので、食べる前は原材料名のチェックを忘れずに! また、チョコレートはエネルギーチャージに即効性があるので、ひとかけらで充分。食べ過ぎには気を付けましょう!

立ち仕事や外回りで疲れた体は、
「アミノ酸」で早めのリカバリ!

立ち仕事や外回りで疲れた体は、<br>「アミノ酸」で早めのリカバリ!

長時間の立ち仕事や外回りの営業など、“肉体的に疲れている時”には、疲労回復を促す「アミノ酸」を摂り入れましょう! アミノ酸が豊富な食品には肉、魚、大豆、昆布などが挙げられます。お菓子で摂取するのであれば、大豆製品、特に豆乳を含んだケーキやクッキー、スナック菓子などは手軽に食べられますし、甘いものが苦手な方には、ポケットタイプの酢昆布やナッツ類もオススメ。疲労回復には運動中や運動後のタイミングでアミノ酸を摂取するのが効果的とされているので、間食で早めにリカバリするのがポイントです!

“ダイエット中だけど食べたい”時には
「食物繊維」を補給!

“ダイエット中だけど食べたい”時には<br>「食物繊維」を補給!

ダイエット中は、ローカロリーで栄養豊富なおやつでリフレッシュするのがオススメ。ドライフルーツは、水分が抜けることでミネラル分が凝縮されているうえに、皮ごと食べるものが多いので、食物繊維もたっぷり。さらには、ビタミンの一種であるナイアシンが血管を拡張することにより、血行を促進して体を温める作用もあります。なにより、しっかり噛んで食べるので少量で満腹になりやすく、ダイエット中の間食にピッタリです。脂肪分解に役立つ成分を含むラズベリー、鉄分が多く貧血にいいプルーン、抗酸化作用がありアンチエイジングにいいマンゴーなど、果物の種類によって成分が違うので、上手に組み合わせて食べましょう。

ただし、どんなおやつでも食べ過ぎは禁物。あくまで“ダイエット中”だということを忘れないように!

栄養を考えた間食で生活のクオリティUP!

栄養を考えた間食で生活のクオリティUP!

仕事や勉強中の間食も、その食物に含まれる栄養素を意識して口にすれば、、今まさに欲しい栄養を補うことができ、作業の効率アップにつながります。間食を改善できたら、食生活全般を見直すことも難しくないかも!? これを機に、栄養を考えた食生活を心がけてみてはいかがでしょうか?

関連特集
オススメの特集
  • 食生活アドバイザーに見事合格!佐々木希特集
facebook
twitter
line